「すべてを力に」二度のメダル獲得で乗り越えた苦悩とその原動力 元マラソンランナー 有森裕子

2017.09.13

経営・マネジメント

「すべてを力に」二度のメダル獲得で乗り越えた苦悩とその原動力 元マラソンランナー 有森裕子

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

五輪マラソン女子で2度もメダリストに輝き、「自分で自分を褒めたい」というあまりにも有名な名言を残した有森裕子さん。 現役時代はもちろん、その後のプロランナーとしての活動期間中、多くの人に勇気と感動を与えた。彼女は現在、元スポーツ選手の活躍支援とスポーツを通じた障がい者の社会参加を促す活動などに没頭している。 決して才能に恵まれているわけではなかった彼女は、アスリートとして輝かしい結果を残し、周囲を変えることができたのか。そして、その原動力は何だったのか。また、今後はスポーツを通して社会をどのように変えたいと思っているのかなど、さまざまな話を伺いました。(聞き手:仙石実・公認会計士、税理士/構成:株式会社フロア)

しかし、現状は何も変わっておらず、メダルを取ったのに、全然笑顔になれなかったことがショックだったんです。次のオリンピックのことなど、まったく考えられなくなっていました。

仙石)どのように切り替えたんですか?

有森 (足底腱膜炎の)手術をした病院に入院していた人たちが、「また、オリンピックで頑張ってね」と応援してくれたんです。「ここにいる人たちは、ケガを治して普段の生活に戻るために、必死にリハビリをしている。私はケガを治したら、世界に行けるチャンスを持っているんだ」と、いかに自分が贅沢なところで悩んでいるのかを痛感しました。

そこから、またメダルを目指すことになったんですが、それと同時に、バルセロナでメダルを取った後私が悩んでいたことについて、どちらが正しかったのかを問いただしたいという思いもありました。そのためには、「もう一度メダリストになるしかない。勝てない人間では問いただせない」と考えたのです。

思わず出た「自分で自分を褒めたい」に秘めた思い

仙石)プロランナーとして活躍後、休養宣言をされましたね。そのきっかけはなんでしたか?

有森 私にはプロランナーとして走ることと別のビジネスで、二つの肩書きがありました。でも、仕事がうまくいかなかったときは、「私はランナーだから」と。一方、走ることがうまくいかないときは、「ビジネスがあるから」と、二つの肩書きを逃げ道に使い始めたんです。

でも、それは良くないことです。もう別に「オリンピックに行きたい」という目標もありません。走ることでは、私はもう十分に役割を果たしました。今はビジネスに絞って活動しています。

仙石)アスリートやメダリストの「その後の活動」に力を入れていますね。

有森 自分が走ってきたことをいろんな角度で活かし、アスリートが生きる道を作ったり、スポーツを通じてみなさんが元気になるように促したりするために作った会社です。

その他にも、「スペシャルオリンピックス日本」理事長をやらせてもらっています。知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供し社会参加を促しています。

仙石)スペシャルオリンピックス以外の活動にも精力的です。

有森 特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドでは、被災地や紛争地および開発途上国の子ども達、障害者、貧困者層の人々に対して、スポーツ教育を通じた自立支援をしています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。