地域おこしにシニアのノウハウを投入

2016.06.21

ライフ・ソーシャル

地域おこしにシニアのノウハウを投入

「地方創生のススメ」編集部 (東京過疎化プロジェクト)
合同会社RegionWire

都市部から地方に移り、一定期間にわたって、さまざまな地域協力活動を行いながら、任期後もその地域への定住・定着を図る「地域おこし協力隊」。 現在奮闘している隊員の約8割(76.1%)が20、30代の若者だが、一方でリタイア後のシニアが隊員として赴任するケースも出始めている。

都市部から地方に移り、一定期間にわたって、さまざまな地域協力活動を行いながら、任期後もその地域への定住・定着を図る「地域おこし協力隊」。

現在奮闘している隊員の約8割(76.1%)が20、30代の若者だが、一方でリタイア後のシニアが隊員として赴任するケースも出始めている。

神奈川県清川村に6月1日に着任した隊員は、広告業に携わっていた68歳の男性で、今後同村の観光や移住に関する情報発信やイベント企画に携わる予定だ。

また山梨県小菅村の隊員として5月から活動している68歳の建築家の男性は、村内移住者向けの住宅の設計に取り組んでいる。もともと村の温泉施設や村物産館、村体育館、道の駅、村役場新庁舎を設計するなど同村と縁があったことから、隊員に応募した。

さもすると地域おこし協力隊は“マンパワー”“人手”という側面で募集されているケースも散見されるが、それだけでは一過性の足し算でおわってしまいかねない。20,30代の若者ならではの視点やアイディア、シニア層の豊富な経験やノウハウなど、「地域 × よそ者」の“掛け算”こそ、地域おこしには求められるのではないだろうか。

PR 移住ライフ図鑑「RegionWire」

移住ライフ図鑑「RegionWire」

提供会社: 合同会社RegionWire

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

「地方創生のススメ」編集部 (東京過疎化プロジェクト)

合同会社RegionWire

全国各地への人材の分散化・均等化を推進することによって、東京一極集中による社会構造の弊害を解消し、都会と地方、双方の社会課題の解決につなげるべく、地方創生に向けて地域の情報発信を支援する各種WEBサービスを提供しています。

フォロー フォローして「地方創生のススメ」編集部 (東京過疎化プロジェクト)の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。