日本には指導者がいない、で、あなたはどうする?

2008.01.29

経営・マネジメント

日本には指導者がいない、で、あなたはどうする?

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

株安ー「日本には指導者がいない」ことを指摘する記事。 それを嘆きますか?それとも…

久々に唸る記事を見ました。

「円高・米国が株式市場下落の原因ではない」(asahi.comより)
http://www.asahi.com/business/today_eye/TKY200801210352.html
現在下落を続けている株式市場のお話ですが、その中に「今の日本に欠落していること」をバシッと言い切り、そこに具体的な論証などがあるわけではないのに、大変説得力を感じたのです。
※分析好きのアナリストたちが集う株式の話の中に、この論調があったので、異彩を放っていたのかもしれませんが。

株に興味がない人でも、最初の
「円高・米国が株式市場下落の原因ではない」
の部分はすらっと読めます。とくに株式の知識が必要な論ではなく、「今の日本に欠落していること」から入っていますので。

年末年始より、日本株が下落の一途なのですが、多くの「分析屋」は

・米国経済の減速
・円高
・原油高

…など、「数値として明確に分かるもの」を指摘します。
確かに、数値として明確に分かるものも大事なのですが、偏りすぎると「数値では分からない“感覚”的なもの」による判断を否定するばかりで、自らの世の中へのアンテナが低くなってしまうと思うのです。
なので、数値によって表されたものも大事なのですが、そればかりに頼る人の論を、僕は余り「ふむふむ」と思いながら読めないんですよね。

この記事は全くもって違います。
多分、多くの大人が「感覚的になんとなく」思っていることをズバッと言い切っています。
「その根拠は?」なんてすぐ求める、「分析屋」が多い株の世界の中で。

記事中のこの文章は全く同感、と思って読みました。
========
増税・年金問題と色々な問題が日本に起っていますが、これらの問題も『切っ掛け』ではあっても、主因ではないと思います。では、何が主因なのかと言いますと、それは 『先が見えない』ことです。

日本人で『これからの日本の成長路線の姿が見えている人』はほとんどいないと思います。経済がグローバル化していますので『日本の成長が日本自体の努力に掛かっていない』という現実はありますし、その為に専門家は『NO.1の技術を持つことが企業の成長の基』と言っています。

これは当然のことですが、最大の原因は指導者がいないということです。
========

「日本の先が見えない」→「最大の原因は指導者がいないこと」

仰るとおりだと思います。

そして、この記事に唸った理由は、もう一つあります。

次のページC.(自分で)なんとかする。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。