僕が、子供の反抗期を歓迎する理由

2008.01.16

ライフ・ソーシャル

僕が、子供の反抗期を歓迎する理由

中土井 鉄信
合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

反抗期は子どもが、大人になっていく一つの「通過点」だ。親の価値観から距離を置いて、自分なりの価値観を打ちたてようとすることだ。親は反抗期に入った子供をくれぐれも、「何でこんな子どもになってしまったのだろう?」と嘆かないでほしい。子どもは、もう素直なあの頃には戻れない。今度親の前に現れる時は、素直な大人として戻ってくるか、たくましい大人として戻ってくるかしかないのだから。

 だから、そのために、「反抗期」的兆候を糾弾するよりも、良い点に注目し
て子どものセルフ・エステーム(自尊感情,自己価値)を高めて子どもの不安
を少しでも取り除くようにしてあげよう。そうすることが、子どもの自律を促
すことになるのだ。そうすることが、「反抗期」を短くすることになるのだ。
子どもが大人になるために苦労する時期を「反抗期」と言う。そういう風に受
け止めるようにして欲しい。

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの
ホームページ●http://www.management-brain.co.jp/
ブログ●http://blog.management-brain.co.jp/
から著者が発行するメルマガのバックナンバーを読むことができます

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中土井 鉄信

合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

1961年、神奈川県横浜市生まれ。 現在、合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表。 NPO法人 ピースコミュニケーション研究所理事長。

フォロー フォローして中土井 鉄信の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。