2015年は「日本のVOD元年」だったか

2015.12.04

営業・マーケティング

2015年は「日本のVOD元年」だったか

動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部
Crevo株式会社

2015年になって、映像配信ビジネスは急速に進歩を遂げています。海外からの大手参入も相次いだことから、2015年を「日本のビデオ・オン・デマンド(VOD)元年」とする声も大きいです。ただ、実際には、日本は10年以上前からVODに取り組んでいました。それが泣かず飛ばすであったのが、日本の不幸とも言えるでしょう。

2015年になって、映像配信ビジネスは急速に進歩を遂げている。海外からの大手参入も相次いだことから、2015年を「日本のビデオ・オン・デマンド(VOD)元年」とする声も大きい。だが実際には、日本は10年以上前からVODに取り組んでいた。それが泣かず飛ばすであったのが、日本の不幸とも言える。

なぜ2015年になって急に動き出したのか? その背景を知ることで、2016年に何が起きるかも見えてくる。



国内2社の積極策でNetflix参入が決まった?!

2015年の映像産業にとって、台風の目が「Netflix」であったのは間違いない。全世界で7000万を超える有料会員を持つ、世界最大の映像配信事業者が、9月に日本へ上陸した。

Netflixは、俗に「SVOD」と呼ばれる形態の映像配信事業者だ。SVODとは「サブスクリプション・ビデオオンデマンド」の略。毎月決まった額を支払えば、サービスに登録された何万本というビデオから、好きなものが見放題になる。

アメリカではレンタルDVDを駆逐し、ケーブルテレビを追いかけ、世帯普及率が4分の1を超えるまでに成長している。夜のゴールデンタイムには、アメリカのインターネット・トラフィックのうち、4割弱がNetflixへのアクセスで占められるほどになっている。

日本勢もただ見ていたわけではない。NTTドコモとエイベックス・グループが共同して展開する「dTV」、2014年4月に日本テレビが買収した「Hulu」など、既存の事業者も、サービスの拡充ともコンテンツ調達に努めた。

そして、3社がしのぎを削る中、満を持して日本参入を決めたのが、通販大手のアマゾンだ。同社は年額有料会員サービス「アマゾン・プライム」の一環として、海外では映像配信「アマゾン・プライムビデオ」を提供している。

日本でも、アマゾン・プライム会員の拡充を目的とし、プライムビデオを開始した。映像配信開始に伴う値上げもなく、既存のプライムと同じ、年額3900円(税込)で利用できる。他社より安価な水準で、一気に攻め込んできた。

現在SVODとしては、上記4事業者に加え、アニメ専業の「dアニメストア」(NTTドコモ・KADOKAWA協業)や「バンダイチャンネル」、総合系のU-NEXTなどもあり、選択肢が広がっている。

また2016年2月には、大手ビデオレンタルチェーン・ゲオが「ゲオチャンネル」ブランドでSVODを開始する。ゲオはdTVを運営するエイベックス・デジタルと協業でSVODを展開するため、エイベックスは複数のルートでこの事業を手がけることになる。

次のページオリジナルコンテンツ対テレビ番組の競争が激化

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部

Crevo株式会社

VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)では、動画を使った広告・マーケティングの活用事例や最新情報、トレンド、市場動向、企画・制作のポイントなど、動画に関わる全ての方の実務に役立つ情報をお届けしています。

フォロー フォローして動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。