サプライヤモチベーションと三感主義

2014.11.27

経営・マネジメント

サプライヤモチベーションと三感主義

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

SNSの出現は情報収集に大きな影響を与えてきました。しかし違和感を感じるのは「日本人は礼節を尊び、規律正しい」というような全体主義的な傾向です。実は日本人は以前に比べても「皆」の価値観に流されやすくなってきているのではないでしょうか?これは企業経営においても同様です。今後我々はこのような価値観からの変換を求められるでしょう。

SNSの出現は情報収集に大きな影響を与えてました。世の中にあるどのメディアよりもSNSの即時性は秀でています。また情報の広さや深さという点でもSNSからリンクが貼られていて多くの情報にいとも簡単にアクセスできます。テレビ番組で毎日放送される情報も元はSNSやYouTubeからネタを収集していることも日に日に増えているようです。
しかし最近はSNSを介した情報も信憑性がないもの、情報取得する価値がないものまで広く出回っていることを感じます。特に一部の報道やニュースソースを元に自ら情報収集や分析することなく断定的な書き方をしているブログや情報発信も増え、また「いいね」や「シェア」が雑多なニュースソースを広めているとも言えるでしょう。。

特に私が違和感を感じるのは「日本人は素晴らしい民族だ!」的な記事です。
日本人の規律の良さをとらえて、「日本人は素晴らしい!」的な記事に触れる機会は特に最近増えているように感じます。表面的には日本人は規律正しく、礼節を尊ぶ民族に見えるかもしれません。
しかし私は日常逆のことを感じる場面が多くあります。例えばスマホ、携帯の使い方。電車内の優先席付近では必ず「電源を切りましょう」という掲示がありますがスイッチを切るどころか、優先席に座ってスマホを操作している人も多く見かけます。歩きスマホも皆迷惑で危ないと思いながらやっていますし、最近怖いなと感じるのは信号無視当たり前の暴走自転車です。電源問題に関しては携帯の電波がペースメーカーの動作に影響を与えないことが近年分かってきたようですが、それでもルールはルール。

このように日本人は「規律が良くて礼節を尊ぶ」のではなく「皆でやれば怖くない」
「皆がやっているからやる」的な思考なだけではないか、と私は特に最近感じています。特にこの「皆がやっているから、やる。皆がやっていないから、やらない。」的な価値観が以前よりも強くなっている気がするのです。SNSで見られる美談には乗っかり、そうでない話は炎上させるという状況はその典型的な状況ですし、一方で異論を唱えにくい世の中になってきていると感じています。

これは企業経営でも同様です。コンサルタントをやっていて企業の方からまず聞かれるのは他社事例であり、実績。他者もやっているから当社もやる、他社並みにしたいという声は今も多くの企業から聞かれます。
調達購買でもその流れは否めません。集中購買の推進、プロセスの標準化、
テクノロジ(IT)の活用、間接材購買の取組み推進、等々これらは殆ど欧米企業の事例の後追いです。欧米企業の事例を先進企業が取組み、その数年後に多くの企業が後を追いかけます。(このやり方が全て悪いとは言いませんが)欧米的なドラスチックな改革を多くの企業が指向しているのです。
これは我々のようなソリューション提供企業側も同じ。焼き直しで多くの企業にその実績や経験を展開できればそれが一番リスクも低く、売りにもなります。
しかし、果たしてこのようなやり方が本当に最善なのでしょうか。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。