テストで高得点を取る極意

2014.10.19

ライフ・ソーシャル

テストで高得点を取る極意

将積 健士
株式会社インフォアスリート 代表取締役

先日、知人が司法試験に合格したそうです。100%本人の才能と努力の結果だと思いますが、僕の試験対策アドバイスが多少なりとも役に立ったそうなのでご紹介したいと思います。

もう一つ、100点を取ることで得られるものとしては、やれば出来るという自信です。たとえ、その試験が自分にとって高すぎるハードルだったとしても、一度でも100点を取れたと思えば、合格できるような気がしてきませんか?

知識不足を参考書などでカバーして合格点を取った場合は、解答を2、3回繰り返す過程で、その知識はあなたのものになっているはずです。時間の制限を緩めたお陰で100点が取れたのであれば、次は、スピードを上げる訓練をすれば良いのです。

楽に高得点を取るノウハウではありません

「テストで高得点を取る極意」としてご紹介しましたが、実際にやってみるとかなりしんどいプロセスであることが分かります。僕の場合だと、制限時間150分の過去問を6時間以上かけて解いたりしていたので、普通にキツい勉強法ですね。

一方で、ひとつの課題にじっくり取り組むことは、課題への理解を深める以上に、前述のような思考力の向上や集中力が鍛えられるといった副次的なメリットがたくさん得られます。

成果は保証しませんが、合う人には合うと思いますので、これから何かしら試験に臨む人は参考にしてみてください。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

将積 健士

株式会社インフォアスリート 代表取締役

1976年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科修了。ERP導入コンサルタントとして、企業の基幹システムの導入に携わる。その後、独立して株式会社インフォアスリートを設立。

フォロー フォローして将積 健士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。