『人脈仕入術』

2014.03.18

経営・マネジメント

『人脈仕入術』

野町 直弘
調達購買コンサルタント

先日日本で唯一のと言っても過言ではないカリスマバイヤーの藤巻幸夫氏がお亡くなりになられました。54歳というお若さでした。本当に残念でなりません。 2009年に藤巻さんを取り上げたテレビ番組を見て私が書きましたブログ(メルマガ)がありましたので悼む言葉の代わりに贈りたいと思います。

これも人脈作りに関するヒントの一つだと思います。

テレビでは藤巻さんが、若手の頃から現在に至るまでとにかく人脈作りばかりしている姿を紹介していました。素晴らしいのは今のような超有名人&超多忙になってもその考え方や行動に変わりがないことです。
この原動力になっているのは「『人脈』こそ、仕事と人生を楽しくするし、自分が苦境に立たされた時に役立つもの」という信念&実体験なのでしょう。

そもそも「人脈仕入」に何かの目的があるのではなく「楽しいからやる」「人脈仕入」自体が人生そのもの、という考え方が心の中まで染み込んでいるのが藤巻さんなのです。

印象に残ったニ点目は藤巻さんの「人脈仕入術」です。
テレビで彼の「人脈仕入術」の場面が紹介されましたが、その特徴は「誰にでも」
「低姿勢」「とにかく褒める」「自筆の手紙を書く」などです。
これらに共通する「人脈仕入術」は『公平に』『相手に良い&強烈な印象を与える』ということです。
初対面の時に藤巻さんはただ単に名刺を渡すだけでなく、相手の特徴を即座に
把握します。珍しい名前でもよいですし、ファッションでもよいですし、いただいた名刺でもよいでしょう。で、次にそれを「褒める」のです。
その「褒め方」がとても自然(というか本人は意識していないので多分地なのでしょう)なのです。
『相手に良い&強烈な印象を与える』には相手に関心を持っていることを、それも
自然に行うことが重要ですし、私もなかなかそれができていません。

見習うべき点ですよね。

(中略)
私も藤巻さん同様「『人脈』こそ、仕事と人生を楽しくするし、自分が苦境に立たされた時に役立つもの」だと確信しています。
--------------------------------------

バイヤーという立場でありながら経営の視点からモノを見られ正に経営に寄与する調達・仕入を実行されてきた藤巻様のご逝去に、

謹んでお悔やみ申し上げます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

調達購買コンサルタント

調達購買改革コンサルタント。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルです。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。