『アクティブ・ノンアクション』不毛な多忙

2007.04.17

仕事術

『アクティブ・ノンアクション』不毛な多忙

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

月々日々、忙しく動き回っているが(=アクティブ)、その実、大した価値あるものを残していない(=ノンアクション)状態をいう

【ピンときた!コンセプト:PIN !-cept #01】=======

久しぶりに示唆の多い新書を読みました。
個人的には、近年読んだリーダーシップ関連の本で
最も推薦したい中の一冊です。

『リーダーシップの旅 見えないものを見る』
野田智義・金井壽宏 著
光文社新書

です。

この中で紹介されているのが、
『アクティブ・ノンアクション』(active non-action)です。
行動的な不行動、不毛な忙しさ、
多忙ではあるが目的を伴う意識的行動をとっていないこと、
の意味を含んでいます。

このコンセプトは、もともとは、
野田さんが翻訳した
『意志力革命』(ハイケ・ブルック、スマントラ・ゴシャール著)
で起こされたものです。

さらにそのブルック氏とゴシャール氏は、このコンセプトを
哲学者ルキウス・アンナエウス・セネカが言及した
『busy idleness』(あくせくしながらも結果として何もしないこと:怠惰な多忙)
をヒントにしています。

セネカが約2000年前の人物だということを考えると、
人類の“不毛な忙しさ”問題は、古今東西を貫く一大問題なのかもしれません。

確かに私たちのビジネス生活は
多忙さに追い立てられ、それが止むことがありません。
でも、1日、1ヶ月、1年、3年を振り返って、
何か本当に意義のあることを成しえているのか・・・・?

忙しく立ち振る舞っているだけで、
何か仕事をやって気にはなっているが、
世の中にとってどうでもいいようなことを
単に処理していただけではないか。。。。

私が4年前にサラリーマンを辞めて、独立を決心したのも
実はこの“不毛な多忙さ”生活に辟易したからです。

最後に勤めた会社は、国内では最大規模のIT会社で
そこで管理職をしていましたが、

指示待ち・決済メールの山、
会議のハシゴ、
上部への根回し・プレゼン、
予算管理、労務管理、
そしてきょうもアウトルックのスケジュールには、
部下からどんどん予定がほうり込まれてゆく。
根本的に意義ある事業を企画して、創造したりする時間が捻出できず、
大会社という機関車を止めずに走ることだけの
管理業務に振り回される日々に、

「これでは自分の人生時間がもったいない」
と内なる叫びがこだまし、今日に至っているわけです。

独立後、仕事の忙しいことにかわりはありませんが、
不毛でないところが、私にとって重要な転換になっています。

『ウォールデン 森の生活』で知られるアメリカの思想家ソローは
「忙しいだけでは充分ではない。問題は何で忙しいかだ」
と書きましたが、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。