支援したい、そのココロは?

2012.05.27

ライフ・ソーシャル

支援したい、そのココロは?

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

誰かを、何かを、支援する時、人はどんな動機で行為に移るのでしょうか。

学費に困っている学生さんと、そんな学生をつなぐサイト。
学費支援プラットフォームとしてstudygiftが立ちあがったのは5月17日のことでした。

それから1週間余り。賛同や批判の声がネット上を席巻しました。

「炎上マーケティング狙っていない」--studygiftに集まる賛同と批判の声(cnet.japan)
studygiftはなぜ暴走したか 「説明不足」では済まされない疑念、その中身 (1/2)(ねとラボ)

本件に限らず…
僕は、直接相手を批判するのであれば、批判対象の事柄の当事者(関係者)であるか、または、批判の反論にもお付き合い(コミット)するほどの時間投入をする覚悟を持つべきだ、という姿勢です(感想を述べる、程度なら全然構わないかと)。
ですので、本件そのものに対しとくに何か物申したい!というき、というわけではありません。
最後にも述べますが、studygiftについては、「サイトを見て、支援したいと思った人がすればいい(僕はしないけど)」以上の感情をもちませんでしたし。

一方、本件を見て、世の中で行われている様々な寄付活動を思い出しながら…

「なぜ人は、支援したいと思い、そして実際に、寄付などの形で支援行為をするのだろう?」
「支援するとき、自分にはどんな気持ちが根底にあるだろう?」

そんなことを考えたくなりました。

そして。支援するときというのは、

「困り方への共感」×「つながりたい感」

が、ある一定ラインを超えたときじゃないかなあ、と思いました。

「困り方」というのは、何に困っているか、とか、支援することに実効性があるかどうか、などのことで、そのポイントに対し共感出来れば、支援したいと言う気持ちは高まるのではないか、ということになります。
たとえば、友人が「明日の生活費にも困っている、だから支援してくれ」であれば支援しますが、「明日、大切な競馬のレースがあるんだ、だから支援してくれ」であれば、友人であっても嫌ですよね。

また、「自らの支援可能な範囲」が、「共感」という感情に影響します。
1,000円の支援だったら可能、でも100万円の支援だったら無理…というように。
震災ボランティアにしても、長期的に行って助けになりたい、という気持ちがたくさんあっても(この視点だけ見ればとても共感度は高いわけですが)、仕事などもありどうしても伺えない、という事情が、「支援可能な範囲」の視点から共感度を低めてしまう理由になってしまいます(辛いことなのですが…)。

次のページ支援対象者やその関係者との「つながりたい感」が、支援行...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。