自己流「ペルソナ」:ジャガビーのケース

2007.11.06

営業・マーケティング

自己流「ペルソナ」:ジャガビーのケース

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

昨日のカルビーつながりで、 もうひとつ取り上げたいと思っていたネタがあります。 今回は、「ジャガビー」の商品開発に、 「ペルソナ法」的アプローチが採用されていたという話です。

新商品やWebサイト等の開発にあたって、
最も重要で象徴的な顧客像(顧客モデル)を詳細に描く

「ペルソナ法」

については、これまでさまざまな形でご紹介してきました。

また、私自身、実際の業務でもペルソナ法を活用して、
Webサイト等を設計してきた経験がいくつかあります。

このところ「ペルソナ法」が注目を浴びているのは、

「体系的な方法論」

として確立され、きちんとした「ノウハウ」として
学ぶことが可能になったからです。

ただ、ペルソナ法のノウハウの確立以前から、
ヒットメーカーとして名を馳せている商品開発者の多くは、
ペルソナ法的なアプローチが有効だとわかっていました。

つまり、漠然としたマスを想定した商品は売れない。

むしろ、ターゲットを絞込み、詳細に規定した
プロフィールを持つユーザーを想定した商品の方が、
結果的に大衆の心を掴むことができるということです。

さて、現在、バカ売れしているカルビーの「ジャガビー」。

確かにおいしいですよね。ポテトチップスとはまた異なる
さくっとした食感が新鮮。私も大好きです!

*ジャガビーのサイト
http://www.calbee.co.jp/jagabee/

さて、「じゃがりこ」以来の大ヒット商品になっている
同商品の開発に当たって、開発担当の方は、
ペルソナ法的なアプローチを採用していました。
(ペルソナ法のことは、当時はまだ知らなかったそうです)

「ジャガビー」が狙ったのは、
スナック菓子をあまり買わない20-30代の独身女性。

ただし、単に年齢と性別だけの規定だけでなく、
対象とする顧客のライフスタイルや価値観など、
詳細なプロフィールを作成しています。

具体的には、対象とする女性がよく読む雑誌から、
ライフスタイルを類推、また独身の女性社員とのミーティング
を通じて顧客像を形成していきました。

そして最終的には、

「27歳独身女性、文京区在住、ヨガと水泳に凝っている・・・」

といった記述が並ぶ1枚のプロフィールにまとめています。

このプロフィールには、
顧客像のイメージに近いタレントの写真も貼ったそうです。

カルビーが行った上記の手順は、
標準的なペルソナ法の流れを踏んではいないという点で、

自己流の「ペルソナ」

と呼べますが、「ジャガビー」のヒットに
大いに貢献したものと思われます。

ペルソナ法の最大のメリットは、
ありありとイメージできる顧客像を描くことで、
真の意味での

「顧客の視点」

で、商品開発やマーケティングコミュニケーション展開が
できること。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。