漫画コンテンツのつくりかた:Webマーケッター瞳の舞台裏

2011.11.15

IT・WEB

漫画コンテンツのつくりかた:Webマーケッター瞳の舞台裏

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、漫画コンテンツの作り方や舞台裏を紹介します。Webサイトのコンテンツとして文章やFlashは作ったことがあっても、漫画を作った人は多くないのではないでしょうか。結構大変なんですよ、これが。

ここでは、漫画雑誌に掲載するようなマンガ作品ではなく、企業のマーケティングに活用する前提での漫画コンテンツの作り方をざっと紹介します。

Webマーケッター瞳のネーム・下書き・完成品

関係者

漫画コンテンツには、次のような役割を果たす人が必要です。

 ・原案 ―― 原作のもとになるネタや情報、アイディアを出す役割。多くの場合は漫画の専門家ではなく、あなたのビジネスを知っている人になるでしょう。

 ・原作 ―― 原案のネタをもとに「原作」を作成する人。原作は、シナリオ(テキスト)の場合と、ネーム(ラフな下絵)の場合があります。漫画は登場キャラとストーリー展開が命なので、原作はプロに頼みましょう。

 ・作画 ―― 原作のネームをもとに作画したり、原作のシナリオをもとにネームを作って作画したりする人。いわゆる漫画家さんですね。最終的にユーザーが目にする「マンガ」として仕上げる人で、原作と同じぐらい重要な役割を果たします。もちろんプロに頼みましょう。

 ・編プロ ―― プロジェクトに対して適切な原作者や漫画家を選定してアサインし、全体進行をマネージする役割です。あなたが多くの原作者さんや漫画家さんを知っていて漫画作品の作り方に精通しているなら編プロは不要ですが、ほとんどの場合は自分でやろうとせずにプロの人に頼むのがいいですね。原作者や漫画家に対する権利関係の処理や支払いもまとめて担当してくれることも多いです。漫画雑誌を出している出版社の一部門や子会社が企業に対してこうした編プロ機能を提供することもあります。

身近にイラストを描ける人がいるからその人に頼んで……というのも不可能ではないですが、あまりオススメしません。私も書籍や雑誌やWebをずっとやってきた人間ですが、やってみてわかったことは、「良い漫画コンテンツを作るには、その道のプロに頼まないとダメ」ということです。

多くの場合は、まず漫画作成に明るい編プロさんに対して、「漫画コンテンツで達成したい目的」「対象読者のイメージ」「費用感」「スケジュール」を伝えて、そこから原作者さんや漫画家さんをアサインしてもらうことになるでしょう。

初回打ち合わせ

まず、プロジェクトの初期に次のようなことを決めます。

 ・プロジェクトの目的設定
 ・全体の大枠・ページ数・方向性・ペース設定
 ・漫画家・原作者の方向性
 ・ストーリー大枠と、キャラクタと役割の大枠

漫画コンテンツ制作

その後、次のような流れで漫画コンテンツが作られていきます。Webマーケッター瞳のような連載モノの場合、毎回以下のような流れが繰り返されていきます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。