武雄市が公式ホームページをFacebookに全面移行……アリ?ナシ?

2011.08.27

IT・WEB

武雄市が公式ホームページをFacebookに全面移行……アリ?ナシ?

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、ある地方自治体がホームページを全面的にFacebookに移行した話題を取り上げます。「意味がわからない」「すばらしい試み」賛否両論のこの動きはアリか、ナシか。

武雄市役所のホームページ、8月1日にFacebookに全面移行

佐賀県武雄市が、8月1日に市役所のホームページを全面的にFacebookページに移行しました。現在、市のURLにアクセスするとFacebookページにリダイレクトされるほか、Google検索でもFacebookページが1位に表示されています。

Google検索の1位にFacebookページが表示されている

・武雄市役所のFacebookページ
http://www.facebook.com/takeocity

・武雄市役所のオリジナルのURL
http://www.city.takeo.lg.jp/
※現在はFacebookページにリダイレクト。ただしJavaScriptをオフにしてアクセスすると、このURLでもコンテンツを閲覧可能。

現在、武雄市役所のFacebookページでは、ウォールやディスカッションボードでの情報発信ややりとりのほか、通常の市役所ホームページに掲載しているようなコンテンツをFacebookページ内で閲覧できます。

こうした市政情報は、データとしては本来の武雄市役所のサーバー(www.city.takeo.lg.jp)に置かれており、Facebookページ上ではiframe(ページ内インラインフレーム)を使って元のサーバー上のコンテンツを表示しています。iframe内に各種コンテンツへのナビゲーションを備えているため、他のコンテンツを探したり移動したりといったこともしやすくなっています。

通常の市役所ホームページのコンテンツを閲覧可能。iframe内にコンテンツナビゲーションを設置している

このように、通常のWebサーバーとコンテンツ管理の仕組みを利用してFacebookページを運営するのは理に適った仕組みで、最近のCMSはこうした機能をサポートするものが増えてきているようです。

データはすべてFacebookではなく市の管轄するサーバーに保存されているため、もしFacebook上で武雄市役所のアカウントが停止されたり、Facebook自体がサイトを閉鎖したりした場合には、元サイト上のHTMLを少し変えるだけで、武雄市役所のドメイン名上でページを見られるようになります。

また、Facebookというと「実名登録制」に注目されがちですが、現在のFacebookページはFacebookに登録していない人でも閲覧できます。そのため、武雄市役所のページは、Facebookアカウントがなくてもコンテンツを閲覧できます(コメント投稿などにはFacebookアカウントが必要)。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。