色んな意味で凄いぞ!菅総理の直筆ブログ閲覧のオススメ!

2011.06.21

ライフ・ソーシャル

色んな意味で凄いぞ!菅総理の直筆ブログ閲覧のオススメ!

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

多くの国民は、直接、菅総理とお話したことはないだろう。テレビや新聞からの報道で伝えられる人柄や言葉の数々は、編集されたものである。 ・・・で、あるなら私達国民は、どうして「本当の菅総理」を知ればいいのか?

私は国会議員に初当選した1980年の暮れ、多くの市民団体を視察しに、アメリカに出かけました。その一環で、何十種類もの風力発電が試験運転されているウィンド・テスト・センター(デンバー郊外)を訪れました。

「発電された電気はどうするのですか」と聞くと、「送電線に逆送されて、電力会社に売っている」という返事。それなら、自家消費しないときの発電 も、有効に活用できます。そこで、帰国して早速、日本でも同じことができないかと取り組みましたが、電力会社による買い取りを制限する「電気事業法」の壁 にぶつかってしまいました。

国内でも、科学技術庁(当時)が「風トピア計画」という風力発電の試験プロジェクトを始めたので、私も応援する立場から国会で取り上げました。三宅 島に東電が設置した、2基の大型風力発電機も視察しました。しかし結局、「採算性がない」という結論で、計画は終了してしまいました。

---私が初当選して、30年余。この間、風力や太陽光発電は、電力会社からは邪魔者扱いされ、その結果として、せっかく優れた技術を持ちながら本 格的な開発ができず、ヨーロッパ諸国に比べて大きく立ち遅れてしまいました。今回の原発事故を契機に、エネルギー基本計画を白紙から見直し、風力や太陽光 発電などの自然エネルギーを、《次の時代》の基幹的エネルギーとして育てることにしたいのです。

その為の大きなステップとなるのが、「自然エネルギーによって発電した電気を固定価格で買い取る」という制度です。これが出来れば、新人議員の時に 私がぶつかった法の壁は、突破できます。そこで、固定価格買い取り制度の法案を、閣議決定にまで漕ぎ着けました。今年の3月11日のことです。しかし、そ の当日に、大震災は起こりました。

このために少し遅くなってしまいましたが、この法案は、今の国会に出しています。この法案を成立させ、早期に採算が取れる水準に価格を設定すれば、風力や太陽光発電は、爆発的に拡大するはずです。
以上、原文ママ。

前述の下村氏が「この人は、色んな意味でスゴいわ。」とつぶやいた意味がなんだかわかる。民主党の身内からも「人間としてどうか」と問われた不信任案否決に至った経緯には、一言も触れずに、自然エネルギーに関する法案をつくることが30余年やりたかったことであるという=自己肯定する神経の太さは凄い。総理自身が直筆で何を書くのかと興味津々でいたマスコミの記者や議員の人達は、驚いたことだろう。私も、正直、ビックリした。法案を通すことが仕事だとわり切る姿は、ある意味、この厚顔無恥は、政治家の職務を全うしていると評価もできるが・・・。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。