ウォルマート、最後の一手

国内店舗の売上が二年連続で減少。不調に喘ぐウォルマートが、起死回生を賭け、今、店舗+ウェブ+モバイルの戦略に乗り出す・・・。

先日、世界最大のリテーラー、ウォルマートが、ソーシャル・メディアのスタートアップ企業、コズミックス(Kozmix)を買収したとのニュースがありました。

コズミックスというのは、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャル・メディアをさらい、トピック別に情報をフィルタリングかつ整理整頓して提示してくれるサイトです。Kosmix.comはまるで検索エンジンのように働きますが、サイト上部に表示されるボックスにキーワードを入れると(ここでは、Walmartと入れてみた)、記事、リファレンス、ビデオ、ニュース、ブログ、ガイド、フォーラム、ツール、フェイスブック、ツイッターなどのセクションに分かれて、ウォルマートに関するありとあらゆる情報が提示されます。

Walmart.comのビジター数トレンドから、先日発表された配当金増加のニュース、元従業員の声、給与情報に至るまで、なるほど・・・、「ウォルマートについての最新情報」を把握するにはもってこいのサイトです。私も仕事がらよくウェブでリサーチをしますが、市場や世間の人が「今」ウォルマートについて何を言っているのか、このサイトを見ればよくわかります。

とても便利なサイトであることには間違いないですが、さて、コズミックス買収の背景にあるウォルマートの具体的な意図は・・・というと、あまり明確に説明されていません。

「今日、急速に成長しているソーシャル・コマース環境において、我々の能力を拡大していくことを視野に入れている。世界的に見ても、ソーシャル・ネットワーキングやモバイル・アプリケーションは顧客の日常生活の一部になりつつあり、ショッピングについての考えや姿勢を影響するものとなっている」というのが、買収に際して、ウォルマートの副会長エデゥアルド・カストロ・ライト氏が出した声明です。

コズミックスの共同創設者であるベンキー・ハリナラヤン氏とアナンド・ラジャラマン氏は、シリコンバレーでは有名なシリアル・アントレプレナー(連続起業家)です。1998年にアマゾンに2.5億ドルで買収されたショッピング・サーチ・エンジン、ジャングリーも彼らのクリエイション。その後、両者はアマゾン社内で人的タスクのクラウドソーシング・マーケットプレイス「メカニカル・ターク」(翻訳、文章の書き起こしなどの仕事に関して、依頼者と遂行者を結び付けるマーケットプレイス)の開発に携わるなど華々しい経歴を持っています。

次のページジェフ・ベゾス

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「アメリカで『小さいのに偉大だ!』といわれる企業の、シンプルで強い戦略」(2016年4月、PHP研究所)、「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。