「3年で3割が辞める」の何が問題か? <2>

2007.04.10

組織・人材

「3年で3割が辞める」の何が問題か? <2>

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

「年収20%アップの転職!」といった魅惑的な広告コピーで若手社員の浮気性はますます膨れあがる。何が根本の議論になるべきか?

【Envisioning Career-scape 第1景 ?5】=======

私はかつて勤めた出版社で、
デザイン雑誌の編集をやっていたころがあります。
中でも、伝統工芸家や職人さんの取材はとても面白かったものです。

取材時に私が毎回、目を引かれたのは、
彼らの手と道具です。

長年の間、力と根気を入れて使った手や指は、
道具に沿うように曲がってしまいます。
また、道具も、彼らの指の形に合うように
すり減って変形してしまいます。

時が経つにつれ、互いが一体感を得るように馴染みあった手と道具は、
それだけで味わい深い誌面用の絵(写真)になります。

真新しい道具が手に馴染まず、なにか違和感がありながらも、
使い込んでいくうちに手に馴染んでいく、
もしくは手が道具に馴染んでいくという関係は、
職と自分との関係にも当てはまると思います。

つまり、最初に出会う雇用組織・職・仕事で、
自分に100%フィットしたものなどありえない。

仕事内容が期待と違っていた、
人間関係が予想以上に難しい、
自分の能力とのマッチング具合がよくないなど、
どこかしらに違和感は生じるものです。

ただ、そうしたときに、職業人としての自分がやらねばならない対応は、
自分の行動傾向をその職・仕事に合うように少し変えてやる、
もしくは自分の能力を継ぎ足したり、改善したりすることです。

または、その職・仕事環境を自分向きに変えてやる、とか
些細な違和感を乗り越えられるよう
雇用組織との間で大きな目的を共有するということも必要です。

ピーター・ドラッカーもこう言っています。

「最初の仕事はくじ引きである。
最初から適した仕事につく確率は高くない。
得るべきところを知り、向いた仕事に移れるようになるには数年を要する」と。

私は職業人の最も重要な能力の一つは、
「状況対応力/状況創造力」だと思っています。

ドラッカーの言うとおり、
最初の仕事はくじ引きなんだから、
「はずれ」が出ることもあると楽観的に構える。
でもそのはずれは、自分の状況対応、状況創造によって
人為的に「当たり」に変えることができる。

言ってみれば、キャリアづくりとは、
職業選択というくじ引き後の
職と自分の馴染み化(状況創造)のプロセスなのだと思います。

そして結局、その馴染み化をうまくやれるかどうかは、
この連続記事で中心トピックにしてきた
そう、「自律マインド」です。

努めて自律的であろうとする人は、
多少の職場の違和感、不満、不足、不遇をその場で乗り越えていける。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ、管理職研修、キャリア開発研修、思考技術研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。