宝塚とAKBのマーケティング的類似性

2010.08.20

営業・マーケティング

宝塚とAKBのマーケティング的類似性

家弓 正彦
株式会社シナプス 代表取締役

宝塚歌劇団、、、 1914年の初公演以来、もうすぐ100年の歴史を持つエンタテイメントです。 先日、生まれて初めて宝塚歌劇団の公演を見てきました。 これまで、全くこの世界に足を踏み込む機会はありませんでしたが、たまたま知人に誘われる機会に恵まれました。 おそらく自分の意思で行くことはないだろうし、 また、この100年も続くビジネスに対してとても興味を駆り立てられたんですね。

特に、後半のショーのフィナーレでは、トップは自身の身体よりも大きい羽根を背負って、大階段を降りてきます。
何も分からない人でも、誰がトップなのかは一目瞭然ですね。

劇団マーケティングの最大の訴求ポイントは、このトップ3!

この3人を目玉として徹底的にファンに訴求している!

この3人がファンのハートをグリップしている?

ファンは、この3人に魅かれて講演に足を運ぶ?

もちろん中核をなす「訴求ポイント」は、この3人なんでしょうが、
実態はそんな単純な話ではないようです。

■ファンの心理はパトロン?

宝塚のオフィシャルファンクラブとしては「宝塚友の会」があります。
これはこれで重要な顧客囲い込み政策だと思うのですが、もっと重要な役割を果たしているのが「私設ファンクラブ」のように感じました。

劇団員一人ひとりに「私設ファンクラブ」なるものが設立されているんですね。
「お茶会」というこのファンクラブの集いに参加すると、劇団員が挨拶に来てくれる時もあるそうで、、、
一方、私設ファンクラブにも明確な規律があり、入り出待ちのガードに参加、一般顧客に迷惑をかけない等のルールがあるようです。

スター制度によって、誰がトップの座にいるかが明確になります。
劇団員にしてみれば、その頂点に立つことが最終目標であり、この私設ファンクラブのメンバーにとっても、トップスターに育てていくという強いモチベーションが働くようです。

「あの大階段の真ん中に立たせてあげたい!」

いわゆるパトロン心理、タニマチの役割みたいなものですね。
そんなファンが若手劇団員一人ひとりにつき、すそ野の広い「ロイヤル顧客」となって存在しているわけです。

■次世代のトップスターを探せ?

となると、ファンの楽しみ方は「次世代のトップ」を探し、新人の頃から、私設ファンクラブに入り、応援しつづけ、その劇団員がトップに上り詰めると言う醍醐味でしょうね。

そのために、ファンは「入り待ち・出待ち」をして、様々な劇団員チェックをすることもあるとのこと、、、
そうやって自分が発見した劇団員がスターにのし上がっていくのは、確かにこの上ない喜びに繋がりそうです。

常に、宝塚ファンは若手劇団員にも目を向け、次世代のトップスターを探し続けているのかもしれません。

■どこかで聞いたような、、、?

ん?ここまで考えて、
これはどこかで耳にしたことがあるような、、、?

そうです!

AKB48のファン心理と同じじゃないか?

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

家弓 正彦

株式会社シナプス 代表取締役

マーケティング戦略を中心としたコンサルティング、マーケティングに特化した教育プログラムの提供を行っています。

フォロー フォローして家弓 正彦の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。