福田総理のパーソナルブランド

2007.10.05

組織・人材

福田総理のパーソナルブランド

増田 崇行
株式会社クエストコンサルティング 代表取締役

第91代内閣総理大臣に就任した福田康夫氏には、「世界一キャラが立たない」などという、ありがたくない「評判」があるようだ。自民党総裁選挙の対抗馬として善戦した麻生太郎氏が、「キャラが立ちすぎる」と言われていることの反動という一面もあるのだろう。

自民党総裁選挙への正式立候補の後に福田康夫氏と麻生太郎氏が9月16日のテレビ朝日「サンデープロジェクト」に揃って出演したが、出番を待つ福田氏と麻生氏のやり取りが後日放映された。

雑談ベースで、福田氏が「ところでキャラって何なの?」と真面目に聞くと

麻生氏がニコヤカに「漫画の世界ではキャラが大切で・・・」という場面があった。

これもお二方の「キャラ」の違いを表す一コマだったと思う。

後日、内閣府特命担当大臣(金融)の渡辺喜美氏がテレビで「実は福田総理は“ボケキャラ”で閣議では笑いが絶えないんです」というエピソードを暴露していた。

直接接しない限り、実際のキャラを感じ取ることはできないし、一国の首相という立場から、ステークホルダー(利害関係者)は無数に存在する。

その数だけ、福田総理のキャラに対するイメージがあることだけは確かだ。

ここでいわれている“キャラ”を「パーソナリティ」という観点から分析してみる。

あくまで私見であるが、ブランドイメージとして認知される福田総理のパーソナリティは、

信頼できる、安全、まじめさ、堅実さ、冷静さ、飾りのなさ、無駄のなさ、思慮深さ、バランスのある、正統、昔ながらの、地味な・・・

あなたはどのようなイメージを持つだろうか?

タレント、スポーツ選手に限らず、政治家や経営者も、“その人らしさ”を認知してもらうには、外見的なイメージ戦略も大切だ。

見た目は、その人のプレゼンス(存在感)に予想以上にインパクトを与える。

ファッション、髪型、メイク、立ち居振舞い、マナー、話し方、など、

パーソナルブランドの表層的イメージ(見た目)ではあるが、この面では、福田総理の評判はあまり芳しくない。

次に、福田総理のブランドプロミスを見てみる

ブランドプロミスとは、「実現可能で、相手に約束できることの宣言」である。

メジャーリーグのオールスターでMVPとなったイチローの試合後の記者会見でこんなやりとりがあった。

アメリカのメディア:
(ランニングホームランを記録したが・・・)
「ホームランを狙ったら、1シーズンでどれ位打てるか?」という質問をした。

イチロー:
「2割2分の打率でいいなら、40本ということにしておきましょう」と笑いを誘い、
「でも、そんなこと期待していないでしょ?」

イチローのパーソナルブランド・プロミスを明確に表現した場面であった。

政治家であれば、キャッチフレーズ、マニフェストであり、首相であれば所信表明であろう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増田 崇行

増田 崇行

株式会社クエストコンサルティング 代表取締役

2006年5月に株式会社クエストコンサルティングを設立しました。 組織人事領域におけるプロデューサーとして、クリエーターとのコラボレーションによりユニークなサービス、ビジネスを開花させてきました。今後も「Quest for the Human Brightness」をコンセプトとして、インパクトのあるサービスを開発しご提供することで、人と組織の本質的価値の向上に貢献できたらと考えています。

フォロー フォローして増田 崇行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。