内閣官房がダメと言ったIE6、なぜ消えずに残り続けている?

2010.07.24

IT・WEB

内閣官房がダメと言ったIE6、なぜ消えずに残り続けている?

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、ブラウザの話を。Web業界を未だに悩ませるIE 6に関して、内閣官房情報セキュリティセンターから発表されたIE6からIE8への移行推奨の話題などをお届けします。

内閣官房情報セキュリティセンターがIE6からIE8への移行を推奨

少し古い話になってしまうのですが、そういえばWeb担で書いていなかった、ちゃんとお伝えしたい話題があります。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、各府省庁にIE6からIE8への移行を推奨したうえで、今後ウェブアプリを構築する際には最新のブラウザに対応する設計とすることを5月12日付けで指示したと6月17日に発表しました。

政府機関において未だIE 6が使われているが、IE6は旧型のブラウザであり、マイクロソフトがセキュリティ面でのリスクがあることなどを理由にIE6からIE8への移行を勧めていることを背景としたものです。

・内閣官房情報セキュリティセンター IE6からIE8への移行を推奨
 → http://www.nisc.go.jp/press/pdf/browser_transition_press.pdf

IE6をなんとかして葬り去ろうとするWeb業界

IE6といえば、CSSの解釈やJavaScriptの動作に関してモダンブラウザ(Firefox、Opera、Chrome、Safari、 IE8など)と異なる点が多く、WebデザイナやWeb担当者にとっては悩みの種。IE6に対応しなくていいなら、開発はもっとスムーズになるし、制作費も安く済むはずなのに、いつまでたってもIE6への対応を続けなければいけないため、Web業界にはIE6を親の敵のように憎んでいる人も多いようです(私もですが)。

そのため、ユーザーによってIE6の葬儀が行われたり、IE6撲滅キャンペーンが行われたり、あげくの果てには、豪マイクロソフトが「IE6は9年前の腐った牛乳」だとしたアップグレード呼びかけが行われたりしています。

・IE6の“葬儀”行われる Microsoftから献花も(ITmedia)
 → http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/08/news030.html

・「IE6はもういらない」――Web企業が撲滅キャンペーン(ITmedia)
 → http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/06/news031.html

・「IE6は9年前の腐った牛乳」――Microsoftがアップグレード呼び掛け
 → http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/17/news033.html

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。