宅配便との不毛な戦い。なぜ宅配BOXが最初から使われないか

2010.07.15

経営・マネジメント

宅配便との不毛な戦い。なぜ宅配BOXが最初から使われないか

中ノ森 清訓
株式会社 戦略調達 代表取締役社長

実は、宅配会社各社さんといつも不毛な戦いを繰り広げています。 その戦いとは、不在伝票を巡るやり取りです。 この些細なやり取りには、実は、環境経営が抱える根本的な課題が隠されています。今回は、宅配会社さんとの不毛な戦いから、環境経営が抱える課題とその克服方法について考えます。

自宅のマンションには宅配BOXが付いているのですが、宅配会社は各社とも決して宅配BOXを使わず、不在伝票を入れていきます。宅配の受取時間には家になかなか戻れないので、再配達の電話をし、宅配BOXを使うようお願いするのですが、対応オペレーターは「お戻りは何時位になりますか」と対面での配達をすべく食い下がります。しかし、帰宅は大抵宅配会社の営業時間外なので、「いつまでたってもこれでは荷物を受け取れないのですが。」と説明して、ようやく宅配BOXを利用してもらいます。

毎回、このやり取りがムダなので、「不在の時は、宅配BOXを利用してするようにして頂きたいのですが。」とお願いするのですが、「約束はできません。」と冷たく断られ、不在伝票が届く度に、宅配会社さんと宅配BOXをめぐる不毛な戦いを続けています。

なぜ、こんな不毛な戦いを続けるのか?

それは、こちらの方がお互いの利にかなっており、環境負荷の低減になるからです。宅配会社にしてみれば、最初の配送で配達を完了できるので、不在時の荷物を抱えたままの運転や再度の往復で使っている余計な燃費を削減できます。最近は、サテライト拠点を使って、自転車や荷車で運ぶケースも増えてきているので、燃費の節減効果は薄れているかもしれませんが、それでも、少なくとも、未配達の荷物を巡る回収、再配達に掛かる人件費を大きく減らせます。

宅配BOXの利用は、環境負荷の低減、宅配会社のコスト削減だけでなく、荷物の受取人の満足につながります。宅配便の受取人の多くが、荷物を早く受け取りたいと考えています。特に、自身の買い物で利用した時には、早く商品を手に取りたい、使いたいと考えています。

宅配会社がそもそも配達時間の迅速さを謳ってきたのは、こうしたニーズに働きかけるためだったのではないでしょうか。しかし、宅配会社が対面での配達に拘り、宅配BOXの利用を拒否するのは、こうした動きに逆行しています。不在票を確認するのが夕方を過ぎると、受取りが1日遅れます。仕事をしている多くの人は、宅配会社の営業時間に不在票を確認することはできません。センターの配置やサテライト拠点の設置など配達時間の短縮に投じた宅配会社の努力が、ここで一瞬にして吹き飛んでしまいます。

人の好みは様々なので、一概には言えませんが、宅配ドライバーと積極的に仲良くなりたいと思っている人は少ないのではないでしょうか。他人との接触が煩わしいと考える人は増えています。スーパーやコンビニの隆盛の原動力の一つにセルフサービスがありました。買い物で他人との接触を避けたいというニーズが顕著に表れているのが通販です。そして、多くの宅配便の受取人は、通販のお客です。こうした層に対しては、宅配ドライバーの方には申し訳ありませんが、幾らしっかりした応対をしようが評価されることは少なく、丁寧な対応で無理に人間関係を築こうとすると、「押し付けがましい」と逆効果になることは少なくありません。ドライバー教育の徹底した会社でもこのような評価ですから、宅配ドライバーの教育ができていない会社では、受取人との接点を増やせば増やすだけ、受取人の不満足を生みます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中ノ森 清訓

株式会社 戦略調達 代表取締役社長

コスト削減・経費削減のヒントを提供する「週刊 戦略調達」、環境負荷を低減する商品・サービスの開発事例や、それを支えるサプライヤなどを紹介する「環境調達.com」を中心に、開発・調達・購買業務とそのマネジメントのあり方について情報提供していきます

フォロー フォローして中ノ森 清訓の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。