エアコンを不要にする究極のクールビズ - 空調服

2010.07.08

経営・マネジメント

エアコンを不要にする究極のクールビズ - 空調服

中ノ森 清訓
株式会社 戦略調達 代表取締役社長

夏です。暑いです。クールビズが普及してきたとはいえ、エアコンの利用がまったくなくなる訳ではありません。工場や倉庫などでは、空調がまったく効いていない所もありますし、ましてや屋外作業では、空調など効くはずもありません。 しかし、クールビズとはまったく異なる発想で、エアコンを不要にしてしまう、正に「究極のクールビズ」を提供している企業があります。それが株式会社 空調服です。

同社が提供している製品の中に、その名の通りの空調服があります。空調服は、これまでの空調の発想と異なり、周りの空気全体を冷やすのではなく、暑がっている人間をピンポイントで冷やすという発想で作られた服であり、空調装置です。また、クールビズが服を「脱ぐ」ことで暑さを軽減しようとするのに対して、空調服は空調を「着る」ことで暑さを軽減しようとするクールビズともまったく逆の発想です。

空調服の仕組みは、服に装着されたファンを小型モーターで回転させ、服の内側に風を送り、汗を蒸発させることで身体を冷やします。汗(水)は蒸発する際に、相当の熱を奪います。打ち水もこの原理を用いた行いですね。汗は、人間が生来持っている生理クーラーであり、空調服はこの生理メカニズムを有効活用した空調装置なのです。

空調服には、様々なメリットがあります。

■電気代コストの大幅削減

空調服を一日10時間着用した場合、1ヶ月の電気代は、充電式ニッケル水素乾電池を用いた場合、500キロカロリータイプで20円。同社のカタログでの試算では、1000平方メートルで特に大きな発熱源のない工場に50人が作業していた場合、エアコンでは初期投資が1,500万円、ランニングコストは夏季のピーク時で37万円、対して、空調服では50人分の充電器、5年間の消耗品費等を含めて100万円、ランニングコストは1万1250円と、初期投資でエアコンの1/15、ランニングコストで約1/33と電気代コストの大幅削減となります。

■ヒートアイランド現象の抑制

近年、日本の夏が東京などの都市部で特に暑くなったと感じるのは、地球温暖化の影響もあるかもしれませんが、それよりもヒートアイランドの影響の方が大きいかもしれません。

ヒートアイランドは、都市部の気温が他の地域に比べて突出した高温になる現象を言います。例えば、年平均気温でみると、日本の17地点の平均は100年あたり1.5℃の上昇であるのに対し、東京では3.3℃とおよそ2倍となっています。(出所:「平成21年ヒートアイランド監視報告」気象庁)

ヒートアイランドの主な原因としては、それぞれがどれ位の割合かまだはっきりとしていませんが、地表面のアスファルトやコンクリート化や自動車と共に、オフィス、工場、家庭でのエアコンの排熱が指摘されています。更に、エアコンの排熱は、ヒートアイランドが進めば進むほど冷房需要が増し、それが排熱の増加を招いて一層ヒートアイランドを促進させるという悪循環となっています。空調服は、気化熱を利用して体温を下げる仕組みですので、エアコンと異なり、排熱がいっさい起こりません。空調服が普及すれば、都会の寝苦しい熱帯夜もなくなるかも。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中ノ森 清訓

株式会社 戦略調達 代表取締役社長

コスト削減・経費削減のヒントを提供する「週刊 戦略調達」、環境負荷を低減する商品・サービスの開発事例や、それを支えるサプライヤなどを紹介する「環境調達.com」を中心に、開発・調達・購買業務とそのマネジメントのあり方について情報提供していきます

フォロー フォローして中ノ森 清訓の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。