恋愛マッチングの秘けつは“相性の科学”と“相手への深い理解”

2010.05.11

ライフ・ソーシャル

恋愛マッチングの秘けつは“相性の科学”と“相手への深い理解”

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

自宅に居ながらにして婚活ができる恋愛・マッチングWebサイト「match.com」。世界で1500万人、日本だけでも100万人の会員数を抱え、年間40万人の結婚をサポートしているという。そんなマッチングサイトで成功するにはどうすればいいのか。運営者に聞いてみた。 [郷好文,Business Media 誠]

 あなたは恋愛の勝利者だろうか?

 あなたはAさんが好きだとしよう。あなた的には恋愛中である。やれやれと疲れた残業帰りの電車で、AさんのTwitterをチェック。「今、展示会準備中で~す!」、クリエイターであるAさんの書き込みを読む。あなたは胸を踊らせて返信、「がんばれよ。車で迎えにゆくよ」。君のフォローにAさんは「しめた」とほほえんだ。「帰りの足確保」と。

 出迎えたあなたはハンドルを握る手に汗をかく。Aさんの笑みで心臓がドキドキする。だが天然キャラのAさんはこう言う、「彼女できた?」。あなたは心の中で「君こそ彼女なんだ」と絶句して、アクセルを急加速。しかし、「こうして点を稼げば、いつか振り向いてくれるさ」と、盲目の恋ゆえに心のブレーキがきかない――。

 細部やイニシャルは変えたものの、これは実話。なぜ、「アイしている」が「アッシーしてる」になってしまうのか? どうしたら男と女はマッチするのか? 結婚情報サービス企業に訪れてさまざまな恋愛の疑問をぶつけてみた。

マッチングが第一


 「自宅に居ながらにして婚活ができます」、マッチ・ドットコム ジャパン(match.com)社長の上園尊仁さんは言う。

 match.comは世界で1500万人、日本だけでも100万人の会員数を誇る、世界最大の恋愛・マッチングWebサイト。年間40万人(世界)ものマッチングをサポートしている。

 「たった今、14万人がアクセスしています」と上園さん。

 インタビューは平日14時過ぎである。この時間帯で14万人! 会員の職業は会社員だけでなく、看護婦さん、多忙を極める経営者、出会いが少ないジャーナリストやSE、時間があるリタイヤ組、就労時間が不規則なクリエイターなど多様。土日となれば30万人がアクセスし、紹介文を読み合い恋文を書く。

 登録会員の検索やプロフィール情報、婚活ヒントなどすべてオープン。だが相手へのアプローチは会員だけができる。そこが巧みだ。さらに25カ国でサービスするmatch.comだから、海外の人とのマッチングも可能。昔赴任して気に入った場所で海外マッチを探す、国内でもUターンやJターンで、都会と地方のマッチング探しもできるのも魅力だ。

コツは誠実さと具体性


 「ポジティブかつ具体的に自己プロフィールを書きましょう」と、自己プロフィール作成のアドバイスする広報担当。

 目標は「会うこと」なので、「今の仕事のここがやりがい」「こんな過ごし方が好き」と前向きに書くことが大事。趣味も「映画が好き」ではダメ。例えば、『ハートロッカー』のジェームス軍曹の冷徹さに震えた」と具体的に書くべし。そうしないと、何十万人の中で埋没してしまう。ちなみに、不適切な言葉や過ぎた個人情報がないかどうか、プロフィール文は運営側がチェックしている(登録時だけでなく更新時も)。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。