それ、ひょっとして「ファシリテーション」?

2010.03.23

組織・人材

それ、ひょっとして「ファシリテーション」?

木田 知廣
シンメトリー・ジャパン株式会社 代表

「ファシリテーション」という言葉、感度の高いビジネスパーソンであればもうチェック済み…と思いきや、言う人によってその定義はまちまちで、良くいえば百花繚乱、悪く言えば玉石混淆。 この新しいコミュニケーションスタイルをマスターするために、誰でも必ず押さえておきたいスキルマップとは…   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

もし本稿で、ファシリテーションとは何ぞや、というヒントがつかめたら、ぜひ自分に必要なスキルを学んでいってみてください。これまでひょっとして「冷たい」リーダー像を念頭においていた人にとっては、自分のスキルアップにコペルニクス的転換をもたらすかもしれませんね。

もし興味がある人は、あと1回だけ残された勉強会に参加してもらうと、さらに分かりやすいかもしれません。

私も本稿を書いていてちょっともどかしいのですが、文字だけで伝えるってなかなか難しいですし、ビジネスファシリテーターに必要な行動を100点以上洗い出した「行動ディクショナリ」を見ると、全体像が一気につかめるのではないかと思います。

※今回は説明し切れませんでしたが、実はファシリテーションの「基礎の基礎」には論理思考が位置していて、3層構造になっていることも理解して取り組んでいただければ、スキルアップが有効にできること間違いなし、ですね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

木田 知廣

木田 知廣

シンメトリー・ジャパン株式会社 代表

経営大学院立ち上げという類まれなる経験をした「人材育成のプロ」

フォロー フォローして木田 知廣の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。