国母選手を気に食わねーなーと思ってるオヤジたちへ

2010.02.15

組織・人材

国母選手を気に食わねーなーと思ってるオヤジたちへ

増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事コンサルタント

國母選手への猛反発。オヤジ管理者から見れば、ハナハダなっとらん最近の若いモンに見えるのではないでしょうか。若者を部下として持つ管理者の、人事管理の視点で見てみましょう。

スノボ選手でオリンピック代表の國母選手。鼻ピアス&腰パンといういでたちと記者会見のナメた態度に猛反発とバッシングが起きました。

「私をスキーに連れてって」世代のオヤジたちが今や40代を迎え、管理者になる人もいます。スキー世代から見れば、何となくウザくて鼻につくスノボ。そもそも「スノボ」と言わずに「スノーボード」とちゃんと言いなさい!と、ことごとく勘に障るボーダーの若者。なんて、思いませんか?オヤジとして。
私は若いので全然そんなこと思わないですけど。

大人になると、昔は全然考えなかった「社会的責任」なんてことも頭を過ぎるものです。まして政権交代で、民主党政権が出来、例の事業仕分けでさんざ批判されたオリンピックの経費。確かにバンクーバーオリンピックでは、選手 94人に対し役員 101人とのこと、いったい誰が主役なのかわからない現状もあります。
そりゃ仕分かれるわ。(若者のキモチがわかるのでつい略語しちゃいました)
そんなところで国母事件です。
今回の問題を「別にいいじゃん」と言っている人たちは、堀江元社長のように、だいたい「服装は自由」「日本はうるさすぎ」という個性や個人の自由を理由を挙げています。反して批判は「じゃあ自費でやれ」「オリンピックのルール守れないなら出るな」「子供じみた自己主張で、すぐ引っ込める位なら最初からやるな」等が多いようです。

まー私は元々オリンピックについては、やり過ぎてファミコンのコントローラー壊すほどのハイパーオリンピック・ファンですが、バンクーバーは見てません。何かルールよくわかんなくて。
ただとりあえず祭が始まったので、逆に見るようになった次第です。

しかし事の成否や、今後どうなるかは措いておいて、近頃の若いモンを部下として持たなければならないヒト。「趣味の違い」「価値観の違い」を超える、常識の通じ無さ、感覚の断絶を感じませんか?
国母選手への批判に、「個性というなら、そのカッコで天皇陛下にも拝謁出来るのか」というのは首肯しましたね。結局橋本聖子団長のお裁きで、試合は出場、開会式は辞退という団円を迎えたようですが、相手が普通のサラリーマンだと強気で、見るからにチンピラ風だとペコペコする、という腰の座らなさ。これは誠にカッコ悪いことこの上なしだと言えるでしょう。

つまり彼ら彼女らが主張したい「個性」とはその程度のもの、とも言えるでしょう。ファッションの一環であって、個性とか主張、ポリシーとは違うと考えてよいと思います。そうであれば、自ずと、仕事に絡んだ場合、対処があります。
人事の相談で「問題社員がいるので解雇したい」という、リストラ相談はたくさんいただきます。一番嫌な仕事ゆえ、コンサルタントに任せようという意識もあるのかも知れませんが、それ以上に「問題社員にどうして良いかわからない」という企業さんが多いと感じます。
労働基準法を遵守するという、コンプライアンスの原則を外すことが出来ない以上、いくら気に食わなくとも突然の解雇など出来るわけがありません。
ではそういった問題児は放置でしょうか?

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増沢 隆太

株式会社RMロンドンパートナーズ 人事コンサルタント

ベッキーから都知事まで、話題の謝罪会見のたびにテレビや新聞で、謝罪の専門家と呼ばれコメントしていますが、実はコミュニケーション専門家であり、人と組織の課題に取組むコンサルタントです。 大学や企業でコミュニケーション、キャリアに関する講演やカウンセリングをたくさん行っています。

フォロー フォローして増沢 隆太の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。