アミノ酸を再考する。。。

2009.11.08

ライフ・ソーシャル

アミノ酸を再考する。。。

野口 克彦

ここ数年、大ブレーク(?)しているアミノ酸。皆さんの中にもアミノ酸サプリメントを摂取している人も多いのではないでしょうか!?

アミノ酸には様々な効果があるとのことで注目されているようですが、医療やスポーツの現場ではアミノ酸の摂取は古くからごく当たり前のように行なわれていることであり、特に目新しいことではありません。。。

が、ここ数年のアミノ酸ブーム(?)の影響からか「アミノ酸を摂取することであらゆる身体のトラブル・悩みが解決出来る」というような誤った(?)認識をしている人も多く、今さらではありますが今回はアミノ酸について考察してみたいと思います。

■アミノ酸とは


そもそもアミノ酸とは私たちの骨や筋肉、血液などの全ての組織を作るタンパク質を構成する物質であり、私たちの身体を作るタンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類存在します。

この20種類のアミノ酸のほとんどは体内で酵素の作用によって合成されるのですが、バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・フェニルアラニン・リジン・トリプトファン・スレオニン・ヒスチジンの9種類については体内で合成することが出来ないため食事等によって摂取しなければなりません。

これらのことから、この9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれています。

ところで、20種類のアミノ酸のうち、リジン、プロリン、アラニン、アルギニンの4種類のアミノ酸には体脂肪の分解を促進することからダイエット効果が高いアミノ酸ということで注目を浴びていますが、この4種類のアミノ酸のうちリジン以外のアミノ酸は体内で合成されていることを考えれば、体脂肪の分解を促進させるためのアミノ酸は常に身体の中に存在しており体脂肪を分解させるためにこれらのアミノ酸を特別に摂取しなければならない訳ではないといえるのです。

ところが、何らかの要因によって、これらのアミノ酸の合成が不十分な人がいるとするならば、その人は体脂肪が分解されにくい体質であり、それが原因となって肥満になる可能性も否定出来ないことから、減量、ダイエットを目的にこれらのアミノ酸をサプリメント等から摂取することの重要性は否定できないと考えられます。

いずれにしても、これら体脂肪の分解を促進させるといわれるアミノ酸を摂取した後は、必ず有酸素運動を行ない分解した体脂肪をエネルギーとして消費する必要があることは以前のコラムでもお伝えさせて頂いた通りです。

■BCAAとは


また、9種類の必須アミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンはその分子構造の特性から「分岐鎖アミノ酸」(Branched Chain Amino Acids)と総称され、略式に「BCAA」と呼ばれています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。