Webアナリスト養成講座 - Web Analytics: An Hour a Day -

2009.08.26

ライフ・ソーシャル

Webアナリスト養成講座 - Web Analytics: An Hour a Day -

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

今日は、 「Webサイトの調査・分析」 について書かれた、 現時点では最強!と言える教科書(翻訳書) をご紹介します。

この本のタイトルは、

『Webアナリスト養成講座』
 (原題:Web Analytics: An Hour a Day)

 
 アビナッシュ・コーシック著、
 衣袋宏美監訳、内藤貴志訳、翔泳社

です。

なお、「Webサイトの調査・分析」は、

「Web Analytics」(ウェブ・アナリティックス)

と世界的には呼ばれています。

ここでは、シンプルに和訳して、

「ウェブ分析」

と呼ぶことにします。

さて、欧米、そして日本でも一般に、

「ウェブ分析」

と言うと、

「アクセスログデータ」

などを収集して集計・分析を行う、

「ページ遷移分析」(ページ閲覧状況の分析)

のことを指します。

しかし、同書の著者、コーシック氏によれば、
ページ遷移分析はウェブ分析の

“ほんの一部分”

にしか過ぎません。

逆にいえば、ページ遷移分析では、
不十分であるということです。

なぜ不十分なのでしょうか?

それは、ページ遷移データは、

・サイト訪問者がどのページを見たのか
・どのくらいの間滞在したのか
・どの商品を購入したのか

といったこと、すなわち

「WHAT(何が起こったのか)

しかわからないからです。

欠けているのは、

「What(何が起こったのか)」

の背景にある

「Why(なぜ起こったのか)」

のデータです。

具体的に言えば、

・サイト訪問者は、なぜそのページを見たのか
・なぜ、サイトにそれだけ長く(短く)留まったのか
・なぜその商品の購入に至ったのか

といった訪問者の意識、感情、欲求などの

「心理状態」

についての洞察が、
ページ遷移分析からでは
ほとんど得られないのです。

ですから、
ウェブ分析のためにはできれば、

「What」と「Why」

の両方のデータを揃えるべきです。

そうすれば、より望ましい結果
(リピート率や購買率の向上など)
を得るために、

Webサイトをどのように改良すべきか

という具体的なアイディアを生み出すこと
が可能になります。

以上のことは、
アクセスログ分析結果のレポートしか
見たことのない方には、実感として
ご理解いただけるのではないでしょうか?

“ログ分析で現状はわかった・・・
 でも、実際にどうサイトを改善すればいいのか、
 レポートの数字だけ眺めてもさっぱりわからん!”

こんな風に嘆いたことはありませんか?

もちろん、ログ分析の結果からだけでも、
サイト訪問者の心理をある程度推測は可能ですが、
その推測が果たして正しいものであるかどうかを
検証することができません。

ですから、コーシック氏は、
「What」に加えて「Why」に関わるデータの
収集・分析を重視しており、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。