大事なのはコンテンツの魅力:LUXURY TV岸田一郎氏に聞く

2009.08.06

IT・WEB

大事なのはコンテンツの魅力:LUXURY TV岸田一郎氏に聞く

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

『LEON』『zino』など数々の人気雑誌を創刊してきた岸田一郎氏が、動画サイト「LUXURY TV」をスタートした。「Web動画には可能性がある」「ちょいワル、モテは封印」と語るその真意とは。[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 現実に、読者からお金をいただかなくても、広告費だけでやっていけると考えている。僕が手がけた雑誌の例では――これは極端な例ではあるけれど ――1号で、広告収入が5億円、販売収入は2500万円ということがあった。また、紙に印刷して雑誌を作ることを考えたら、サーバ代がかかるとはいったって、コスト効率は1ケタ違うくらい(Web媒体のほうが安い)だろう。

――Webの場合、バナー広告中心に収入を得ようとすると、雑誌や新聞の広告費に比べて、単価が非常に安いという問題もあります。

岸田
 ちょっと前までは、雑誌の見開き広告(の効果)のほうが(Webのバナー)静止画よりも勝ちじゃない、ということがあったが、これが絵が動き出す、動画になると話が変わってくる。圧倒的に動画の勝ちですからね。
「モテ」のキーワードは封印
――LUXURY TVについて聞かせてください。このサイトのコンセプトは何でしょう。

岸田 「次なるラグジュアリーライフをリコメンドする」かな。今のところは男性向けとして作っているけど、いずれ女性向けもやっていきたい。まだ具体的には言えないけど、早期に携帯対応もする予定。

――ターゲットとする読者層は。

岸田 好奇心旺盛な人、魅力的になりたい人に観てもらいたい。自分を磨きたい人に観てほしいですね。

――魅力的……「ちょいワル」や「モテ」じゃないんですか?

岸田 もう「モテる」は言いませんよ(笑)。富裕層に絞り込んでいたKISHIDA DAYSよりも読者の幅を広くとっていますし。競合もないですしね。

 「LEON」を作ったころは、男性誌の競合がいっぱいあった。競合がないんだったら、あんな手はとらない。もっと正攻法でいきますよ。ぼくは資金が豊富にある大出版社にいたわけじゃないから、ゲリラでやるしか、とがってやっていくしかなかった。そのために「モテ」というキーワードを考えた。

 でも今度は違う。まだ本格的なメディアがないんだから。広告市場として、Web動画には可能性がある。まだWebには本格的な(ファッション)メディアがないが、これから競合はだんだん増えていくだろう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。