ヒューマノイドロボットの過去・現在・未来

2007.07.31

IT・WEB

ヒューマノイドロボットの過去・現在・未来

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

人手不足の影響もあって、サービス低下がはなはだしいのが、 流通・外食・サービス業界ですね。 私も、ファミリーレストラン等には、 過剰な期待は持ってはいないのですが・・・ 感情のかけらもない、機械的な挨拶と笑顔に迎えられ、 声をかけたくても、わざと避けているかのように目をそらす ウェイター・ウエイトレスに出会うたび、

「あんたらはいらん。セルフサービスがまだましや!」

「あんたら、うかうかしてると、そのうち

 “ヒューマノイドロボット(人型ロボット)”

 に仕事を奪われるで!」

と、なぜだか「なんちゃって関西弁」で内心毒づいております。

というわけで(やや強引な導入ですが)、今日は、

実用に供されるヒューマノイドロボット

の過去・現在・未来を語ります。(偏った内容ですけど・・・)

☆ヒューマノイドロボットの過去

回転寿司大手の「くら寿司」では、
今から20年も前の1986年に、

「お運びロボット」

を導入しました。

テーブル席まで注文された寿司を運ぶ、
このロボットは、1台500万円もしました。

しかし、様々な問題があったようです。

なかでも一番の問題は、
当時の技術ではバッテリーの持続時間が短く、
すぐに途中で止まってしまったことです。

すると、生身の店員が、
寿司を持ったまま立ちつくす直立不動ロボットを
「よいしょ」と後ろから押してあげなければいけない。

なんか情けないですね・・・

結局、ロボットを導入後に売上がどんどん低下したため、
半年でロボットはお役ご免になりました。

☆ヒューマノイドロボットの現在

三菱重工の人型ロボット、「ワカマル」。
かわいらしい姿が人気を集めましたね。

「ワカマル」は、東京都区内限定で、
2005年から家庭用販売を開始していました。

ワカマルは、家族の顔や名前を登録しておけば、
家族一人ひとりを識別して話しかけたり、
インターネットから天気予報やニュースを取り込んで
教えたり、メールの到着を知らせてくれたりします。
また、留守中の室内を監視してくれる機能も。

販売価格は157万5千円、販売目標は当初100台でした。

しかし、販売が思わしくなかったことから、今年07年春に

「販売中止」

を決定しています。

ワカマルのショールーム(丸の内・池袋)には、
05年秋の販売開始数ヶ月で延べ1万人を集めました。

ユーザーの関心は非常に高かったわけです。

ところが、実際に予約を受け付けると数十台しか
獲得できませんでした。

しかも、予約した家庭に行ってみると、
段差があってワカマルが移動できなかったり、
インターネットを導入していなかったりで、
実際に販売できるのは

10数台

にとどまることがわかりました。

これでは、アフターサービス体制の維持も困難と、
本格販売を断念したのです。

さて、この販売不振の原因ですが、開発担当者によれば、

「ロボットに対する消費者の期待値と、
 現在の技術レベルに差がありすぎる」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。