ゆとり教育、転換に2つの必要条件(前)

2009.03.11

ライフ・ソーシャル

ゆとり教育、転換に2つの必要条件(前)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

高等学校の新学習指導要領が9日発表されました。 「これで学力低下に歯止めがかかる!」 …少し安易な発想ではないですかね。 過去の検証から新しい施策を考察することは大切です。「ゆとり教育」「脱ゆとり」、教育に携わる自分なりの視点で。

・それを受けて「教科書作成会社」が「教科書」を作り、「教科書検定」にかけたら、(学習指導要領を受けた)検定意見として「ここまでは触れるな」的な注意を多く与えられた。つまり、指導要領のミニマム・リクワイアメントが事実上「教科書の中での歯止め」として機能してしまった。

・その教科書を使用する先生側に「それだけしか教えない」という人が増えた。これには先生側個人の気質による部分もある一方で、“そもそも日本の先生は教科書に準拠して教えるよう指導されている”、“教科以外の執務(保護者対応や教育委員会への報告書の提出など)が以前に比べて格段に増えた”などの事情も(もちろん)ある。

…という結果、事象として表れた現実が「学力低下」(と世の中で叫ばれる風潮)だった、ということになるかと思います。

大切なのは、「ゆとり教育」下でも学力向上は(理念的には)可能だった、そして「ゆとり教育」の理念にはまり、それまでの指導要領では考えられないような「本物の学力」を身につけた人だっている(だろう)、という視点です。

たとえば…
教科書が薄くなった分、「できる子」には「できる指導」をすること、「できない子」には「できない子」にあわせた指導を(時間割上)可能にしたのが「総合的な学習の時間」。これを活用し、様々な展開が期待されました。そして、うまく活用した先生もきっといたでしょう。

しかし、苅谷剛彦教授も似た様なことをおっしゃっているように(確か)…
今までレシピを見て指導してきた「先生」というファミレスのコック型職業に、いきなり寿司屋の握り職人の能力を求めてもできっこないんです。
加えて、「レシピ通りに教えられる能力」も「相手のオーダーにあわせて教える能力」、いずれも素晴らしい能力、ということを認める必要もあります。

わかりますよね?

※後編に続きます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。