【会議が変わる!】
 ファシリテーションの技術(1)

2009.01.28

ライフ・ソーシャル

【会議が変わる!】  ファシリテーションの技術(1)

家弓 正彦
株式会社シナプス 代表取締役

昨年から1~2ヶ月に一回、「家弓正彦の仕事塾」なるものを開催しています。 コンセプトは、ビジネスパーソンに有用なおはなし、、、 ま、家弓個人の道楽で始めたセミナーです。 毎回30~40人程度の方と楽しい雰囲気で開催しています。 今回(2009.1.21.)は「ファシリテーション」というテーマで実施しました。 ビジネスシーンでは、ミーティングを仕切らなければならないこと、 多いですよね?

発言の視点が偏らないようにコントロールするためには、
ファシリテータの力量が試されます。
ファシリテータは、状況を判断しながら、
メンバーに常に新たな視点を提供していく必要があるのです。
結構、高等技術ですよ、ハッキリ言って、、、(^^;

視点転換のパターンとしては、
 ・全体構造に立ち返る
 ・イレギュラーに着目する
 ・時間軸をずらす
 ・類似ケース、逆のケースに着目する
 ・敢えて、反対意見を引き出す
こんなパターンを私は使っています。

皆さんも考えてみてください。
そして、私にも教えてください。(笑)

一旦、今日はここまで、、、
ここまでで、
 「ビフォア」→「オープニング」→「拡散プロセス」
をカバーしました。

次回は、
 「収束プロセス」と「必要スキル」→「クロージング」
について、お話したいと思います。

株式会社シナプス 代表取締役 家弓正彦

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

家弓 正彦

株式会社シナプス 代表取締役

マーケティング戦略を中心としたコンサルティング、マーケティングに特化した教育プログラムの提供を行っています。

フォロー フォローして家弓 正彦の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。