「インタビュー営業術」と交渉術に見る共通項(後編)

2009.01.15

ライフ・ソーシャル

「インタビュー営業術」と交渉術に見る共通項(後編)

石塚 しのぶ
ダイナ・サーチ、インク 代表

竹林篤実氏の著書、「顧客を動かす!インタビュー式営業術」を読んで、同氏が提唱している「インタビュー式営業術」と交渉術との共通性に考えさせられた。ここでは、長年にわたる米国企業との交渉経験から、「成果の出る交渉の基本原則」のいくつかをご紹介したい。

共通項その2
【「相手のメリットになる」シナリオを考える】

著書の中で、竹林氏が、「顧客の問題を共有し、それに対する解決策を提示する」ことの大切さについて語っているように、交渉でも、「相手にメリットをもたらすミーティングとはどんなミーティングか」を考え、シナリオを組み立てることが必要だ。

交渉というと、自分の言いたいことを主張して相手をねじ伏せるのが交渉だ、と思っている人が多い。だが、これを実践してしまうとえらいことになる。日本のビジネスマンの中には、米国企業との面談で、自分が言いたいことばかりまくし立てる、あるいは、情報収集のため相手を質問攻めにする、という人がいて、米国企業に嫌われるはめになっている。

「ギブ・アンド・テイク」という言葉があるが、「テイク」だけで「ギブ」が欠けている、というケースがよくある。これでは、先方はいい気はしない。交渉の席につくときには、まず、「いかに相手にメリットを与えるか」を考えるのが第一前提なのだ。どちらかというと、一回目のミーティングでは、「テイク」はとりあえず後回しにし、「ギブ」の方を優先して考える。どうやったら相手に興味を持ってもらえるか、を考えることが重要だ。

先方が、海外事業を活発に進めているような会社だったら、日本という国のこと、社会のこと、そして、相手先の会社が属する業界や市場の、日本における状況について解説するプレゼンくらいは用意していきたいものだ。

それで、相手に興味を持ってもらえれば、交渉の席上の第一関門はクリアだ。最終的に「提携」などといった具体的な成果に結びつかなくとも、お互いに好印象の残るミーティングをして、「一緒に仕事ができたらいいね」などというポジティブな言葉で締めくくれるようにしたいものだ。

共通項その3
【まず、相手の話を聴く】

ミーティングの席についたら、まずやるべきことは、自分を主張することではない。まずは、相手の話を聴くことだ。これも、「聴き込み」をその土台とするインタビュー営業術に似ている。

交渉の観点から言えば、相手の頭の中や手の内がわからないのに、自分の手をいきなり見せてしまうのは得策ではない。

とはいえ、面談をリクエストしたのはこちらなのだから、面談の目的と意図を明確かつ簡潔に述べよう。しかしその後は、ずらずらと独白で話をするのは避け、相手に喋らせる努力をすべきだ。海外市場進出についてはどう考えているのか。どういった方針で進めている(あるいは進めていない)のか。今、最も力を入れて取り組んでいる課題は何なのか。日本市場に興味はあるのか・・・。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。