誰も教えてくれなかった診断学(後編)

2008.11.12

ライフ・ソーシャル

誰も教えてくれなかった診断学(後編)

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

患者の問題解決(=病気・症状の治療)は、 患者の話を聞くことから始まります。 従来の臨床教育では、 患者の話した言葉をそのまま受動的に聞き、 カルテに記入したりプレゼンテーションすることが、 最もよい方法であると教える教師が少なくないそうです。

この発想の根底には、

「頭を使って診断を考えるのは、すべての情報を集めたあと」

という固定観念があると、

『誰も教えてくれなかった診断学』
(野口善令、福原俊一著、医学書院)

の筆者は指摘しています。

しかし、著者が考える真の問題解決は、
患者さんの言葉をただ受動的に受け止めるのではなく、
能動的に情報を引き出し、しかもこれを動きながら考える
ところにあります。

これは、患者さんの言葉から、
考えられる病名を

「仮説(診断仮説)」

として想定し、その仮説の確からしさを確認するための質問を
投げることを繰り返して、正しく病気を特定できるような、
双方向的なコミュニケーションを行うということです。

このように、能動的に情報を引き出すことにより、
より正しい診断に行き着くまでの時間の短縮や、
不要な検査や治療によってもたらされる患者の
心理的・身体的負担や有害事象のリスクの低減に
つながるのだそうです。

つまり、医師という職業においては、
的確な診断に役立つ情報を患者からうまく引き出せる

「インタビュー技術」

を磨くことも必要だということですね。

さて次に、医師は、
患者から引き出した言葉(痛みなどの症状、病歴など)
をうまく解釈して、問題解決に活用できる

「生きた情報」

に変換する必要があります。

同書では、この作業を

「患者の言葉の医学情報化」

と名づけています。

これはどういうことかというと・・・

患者さんの話している言葉が、
どのような医学的意味を持っているのかを解釈し、
またその話を聞きながら、考えられる疾患名を想起する
必要があること、またそのためには、それぞれの疾患に
関する「医学知識」も蓄えていなければならないという
ことです。

以上のことは、
マーケターの世界にも、
ほぼそっくり置き換えることが可能でしょう。

「顧客」の話している言葉が、
どのようなマーケティング意味を持っているのかを解釈し、
またその話を聞きながら、考えられる顕在or潜在ニーズを
想起する必要があること、またそのためには、それぞれの
ニーズに対応できる「商品知識」(やマーケティング知識)
も蓄えていなければならないということです。

医者の場合、

“通勤途中に左胸の痛みを覚えることが多くなった”

というサラリーマンの訴えを聞いた時、
医学的知識に基づき、「胸痛」の症状を呈する様々な
病気の中から、当該患者がどんな病気(例えば「狭心症」)
であるか、適切な診断を下すわけです。

マーケターの場合なら、例えば

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。