リリー・フランキーの悩み相談室

2008.10.10

ライフ・ソーシャル

リリー・フランキーの悩み相談室

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

今日は、腰が抜けるほど楽しませてもらった 『劇的3時間SHOW』 リリー・フランキーの日(08/10/09) をアバウトに振り返ってみます。

なお、私の大幅な編集と創作が入っておりますので、
現場で語られた「真実」とは必ずしもイコールではありません。

あらかじめご承知おきを!

-------------------

おや、開演時間6時半を過ぎても何も始まる気配ありません。
しかし、立ち見客もあふれる満席の会場は落ち着いた風情。

と、ウグイス嬢のアナウンス。

「ご来場の皆様にお知らせいたします。
 開演時間を過ぎておりますが、
 リリー・フランキーさんは現在こちらに
 向かっておられるとのことです。
 あとしばらくお待ちください。」

とたんに、会場は暖かな笑いで包まれました。

想定通り。
やはり「遅刻」してくれないとリリーさんじゃない。

午後7時。リリーさん登場。開口一番。

「いやあ、年末が近くなると道路が混んでますね・・・」
「さっきまで寝てたんですが・・・、二日酔いで・・・」

と悪びれることなく早速講演開始。

遅刻したけど、

「今日は12時までやります」

と、いちおうやるき満々。

さて、まずは「スペシャルゲスト」として、
旧知の仲の某エロ雑誌の編集長を呼びいれたのはいいが、
いきなり

エロ&スカトロ系

の話を展開。

会場を思いきりなごませすぎた後、
来場者が当日記入した様々な質問に答えていきます。

‘リリー・フランキーの悩み相談室’

といったところ。

「えーと、マサチューセッツくんの質問、
 ボクは21歳ですがまだ童貞です。
 どうしたらいいでしょうか?」

「なるほど。マサチューセッツくん、
 どこにいるの。ちょっとステージに出ておいでよ。
 出てこないと次に進めないよ」

と無理やり、某大学学生のマサチューセッツ君を
ステージに上げて童貞談義。

「あの社会派ジャーナリストの鳥越俊太郎さんだって、
 27歳まで童貞だったんだから。だいたい、男はね、
 女に弓を引いてる時間が長ければ長いほどいい仕事を
 するんだよ」

「まだ君は女の人のあそこを拝んだことがないんだろう」

「じゃあ、まずはハンバーガーを縦にして食べてみるとかして
  その時に備えなさい。これはリリー式想像力の訓練だ」

(中略)

「次の人、私は大学3年生です。
 これから就職活動をする私に、何かアドバイスをください」

「ステージにいらっしゃい。えーと君はどんな仕事がしたいの」

ステージに上がった表参道に近い大学の女子学生
(とっても可愛い子でした!)は、

「やりたいことがない」

とのこと。

「好きなことは何?」とリリーさん。

「漫画を読むのが大好きです」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。