PRの押し出しと企業サイトのノイズ化

2008.10.02

営業・マーケティング

PRの押し出しと企業サイトのノイズ化

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

ブログを書いている人ならば、「私はこんなことを考えています」「私はこんなことをしました」を自然に表出できていますよね。それを多くの人がやっている時代になって、ふと周りを見てみると、そうしないことで、損をしている人が多いんじゃないかと気づいてしまうわけですよ。棚橋さんは、そういった人を「PR下手」と表しています。

少し古い記事ですが、PR下手で損してる人(たち)に贈る日々のPRを続ける5つのコツでは、次のように書かれています。

引用==>
会社でも、個人でも、自分(たち)ができること・やりたいことをうまく外部の人に理解してもらえてなくて損してるよなーと感じることがよくあります。

まわりにもっと自分(たち)ができること・やりたいことをわかってもらえば、いまよりやりたい仕事ができるようになるし、やりたいことをもっと楽にできるようになるのになーと、はたから見ていて感じるわけです。
<==引用ここまで

ブログを書いている人ならば、「私はこんなことを考えています」「私はこんなことをしました」を自然に表出できていますよね。それを多くの人がやっている時代になって、ふと周りを見てみると、そうしないことで、損をしている人が多いんじゃないかと気づいてしまうわけですよ。棚橋さんは、そういった人を「PR下手」と表しています。

PRというと、会社の広報や製品のアピールといったことを思い浮かべるかもしれませんが、「私はこういう人間です」「うちの会社はこんな会社です」といったことを知ってもらうのが基本ですよね。

それなのに、積極的に表に出すのは営業寄りの情報ばかりで、第三者からみると、住氏のブログ記事「現状の企業サイトはノイズの固まりにすぎない」でいう、以下のような状態になってしまいがちなんですよね。

現状の企業サイトはノイズの固まりにすぎない

引用==>
しかし現実には、探している情報を見つけるまでの過程において、何かを売りつけようとするだけのために作られたようなメッセージを見せられてしまうことも多く、少なくとも僕は、そのたびに軽く苛立ったり、落胆したりします。そしてその苛立ちや落胆といったネガティブなイメージは、そのマーケティングメッセージを僕に押しつけようとしたブランドとセットになって、僕のエクスペリエンスの一部として残っていきます。
<==引用ここまで

もちろん、結果として利益を出せなければ企業としては失敗なのですが、上記ブログに書かれている、うまくPRするということ、営業メッセージだけでなくユーザーが探しそうな情報を提供するということは、利益を出すことと相反するアクションではないはずだ、と思った週末でした。

※この記事は、Web担当者Forum(Web担)に掲載した編集部コラムを転載しています。
Web担当者Forumは企業ホームページ作りとネットマーケティングに関する情報サイトで、解説記事、コラム、ニュース記事などを毎日更新でお届けしています。
毎週月曜日発行のメールマガジンもありますので、興味のある方はぜひご登録ください。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。