電車の車内アナウンスと使いづらい企業サイトの共通点

2008.10.06

経営・マネジメント

電車の車内アナウンスと使いづらい企業サイトの共通点

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

先日、地下鉄の車内アナウンス(「次は池袋~」というやつ)が、ノイズだらけでほとんど聴き取れないことがありました。

そのときは車両が最新型の形式だったにもかかわらず、車内放送がブツブツと切れていたので気になったのですが、実際のところ、地下鉄でもJRでも、社内アナウンスが聴き取りにくいことは多いものです。音が小さすぎたり、滑舌がわるかったり、早口すぎたりして、結局ホームの看板を見るまで次の駅がどこなのかわからないことは、しばしばあります。

鉄道会社の人は、客車に乗っている状態で自分のアナウンスがどう聞こえるのか、音量やしゃべり方による聞こえやすさをチェックしないものなのでしょうか。聴き取れない社内アナウンスを耳にするたびに、「別の手段で確認しなければいけない情報なんて、情報として出す意味がない」と思ってしまいます。

でも、振り返ってWebサイト運営のことを考えると、意外と似たような状況になっているものです。

・記事で伝えたい意図が明確に読者に伝わらない書き方になっている
・表現のメリハリ不足のため、注目してほしい部分に読者の意識が向かない
・セミナーに申し込んでほしいのに、開催概要や内容などの情報が不足している
・商品を買ってほしいのに、送料や納期などの情報が書かれていない
・そもそも文字が小さすぎで読む気にならない

鉄道会社にとって、優先度が高いのは運行スケジュールや安全性であって、社内アナウンスの聴き取りやすさの重要性は比較的低いことが考えられます。それと同様に、Web担当者にとって、限られた予算や人員でスケジュールどおりに公開することや社内の調整といった目の前の課題が山積みで、情報のわかりやすさやサイトの使いやすさは後回しになることも多いでしょう。

しかし、少なくとも、そのページによって達成するべきビジネス目的にユーザーを導くために必要な情報が欠けていないか、客観的に確認するステップを設けることは、非常に重要です。

電車の社内アナウンスの場合、車両内での乗客の入り具合や走行中のガタゴト音まで含めて実際の環境を再現してテストを行うのは大変な作業になるでしょう。しかし、Webサイトのコンテンツの場合は、自分が客観的な視点で改めてチェックするか、だれかに「セミナーに申し込もうかどうか判断する視点でチェックしてくれ」と頼む手間は、さほど大きくはないはずです。

ユーザビリティテストを行わなくてもチェックできる「必要な情報が足りているか」「意図したように理解される表現になっているか」などの項目は、しっかりと客観的な視点でチェックするようにしましょう。そういった地道なユーザー視点の取り入れを積み重ねていくことで、ユーザーの満足度を向上できるのですから。

※この記事は、Web担当者Forum(Web担)に掲載した編集部コラムを転載しています。
Web担当者Forumは企業ホームページ作りとネットマーケティングに関する情報サイトで、解説記事、コラム、ニュース記事などを毎日更新でお届けしています。
毎週月曜日発行のメールマガジンもありますので、興味のある方はぜひご登録ください。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。