安価な製品の購入は納得ずくで!

2008.07.06

営業・マーケティング

安価な製品の購入は納得ずくで!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

家電メーカーなどの納入業者に従業員の派遣を強要しているとして、独禁法違反(優越的地位の乱用)で排除措置命令が公正取引委員会より出されたヤマダ電機。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

先日書いた「環境CSRを訴求する前に店員教育を~ヤマダ電機の事例より~」
http://www.insightnow.jp/article/1456
での事例を含めて、企業イメージは決してよくないですね、最近のヤマダ電機。

しかしやはりヤマダ電機を(購入先として)選ぶ私もいます。
理由は単純で

・近くにあるから
・安いから

イメージの悪さが、この2つの実質的利益を越えなければ、なかなか止めれそうにありません。

「安いから」については、どこかにその裏がある、と、消費者の立場は必ず弁えておく必要があります。
ヤマダ電機が今回排除命令を受けたような行為は「安さ」を提供するための代償。

さて、「安さ」を提供する企業から、消費者が実質的被害を被るものとして多いのが「アフターサービスの無視」です。
4月にヤマダ電機で購入したCDプレーヤーにおいて、先日下記のようなことがありました。

購入したCDプレーヤー、4,000円台。破格ですよね。
我が家では「CDが聞ければよい」だけですので、一番安いこのプレーヤーを選びました。
先週、CDの再生にエラー表示が出て、何度確かめても、再生されません。
(もちろんCDもいろいろ変えて再生しています)
2日間、まったく同じ状況が続き、「週末に修理に」と予定を決定。
そしてなぜか修理に出す直前にCDをかけると治っていたんですけど、予定も決めていましたし、再発防止の目的もあり、やはり修理を依頼することに。

昨日ヤマダ電機より電話があり、家内が受けました。
聞いた話によると

ヤマダ:「メーカー側から“現象が再現されません”と回答が届きました」
家内:「直前では治っていたけれどもその前何度もダメだった(と事情を説明)」
ヤマダ:「そんなはずはありません(とかなんとか)」
家内:「…」
ヤマダ:「新しいCDで確かめてください」
家内:「…(そんなんとっくにやってるよ)」

家内からは「感じ悪い!」といわれましたし、もちろん僕も同じように感じますが、その一方で「しょうがない」と思う気持ちもありました。

安かろう悪かろうを選んだのは僕達ですから。

もちろん、この店員の態度を肯定するわけではありません。
ではなく、「安いもの」を購入する場合、「こういうこともありうる」と推測した上で購入すべきだと思うわけです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。