私のハイブリッドライフ:複棲人生への試み

2007.05.22

ライフ・ソーシャル

私のハイブリッドライフ:複棲人生への試み

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

【軽井沢発】私の目指す『ハイブリッド・ライフ』とは、山・島に住み働き遊び、都会に住み働き遊ぶことで、その両者が融合して・・・

今回はこの記事を軽井沢の地からアップロードしています。
きょうの軽井沢はよく晴れました。
浅間山もそのふくよかでなだらかな輪郭をくっきりと見せています。
東京はすでに新緑がかなり濃くなってきましたが、
高地の軽井沢は、まさに今が新緑の芽吹き最盛期です。

私がなぜ軽井沢にきているかといえば、
「春の仕事キャンプ」を張っているからです。

私は、時間の自由がききやすい自営業というメリットを生かして、
年に2、3回ほど「仕事キャンプ」をします。

冬・春ならたいていは沖縄で、
夏・秋ならたいていは信州で、
真冬の東京、真夏の東京を避け、
ホテルに何日間も滞在したり、
あるいはウィークリー/マンスリーマンションを借りたりして、
そこで、じっくり考える仕事や、著書の原稿執筆をします。

私のメインの仕事は、企業・団体への人財育成研修実施ですが、
研修の実施の合間を都合して、キャンプ日程を設定しています。
ネットさえ通じていれば、
研修以外の仕事はどこでもできます。

もちろん将来的には、
ホテルや短期賃貸ではなく、
しかるべき土地と物件を購入して、そこを拠点にしたいとは思いますが、
現時点では、
国内のさまざまな場所を下見するという意味合いも兼ね、
この形がいいかなと思っています。

いずれにしても、私が目指すべきワークスタイルは、
よい仕事発想の湧く、よい環境の田舎(山か島か)に住み、働き、遊び、
よい仕事案件のとれる東京でもまた、住み、働き、遊ぶことです。

私が描くそうした複数に棲処(すみか)を置く生活の目指すところは、
「東京拠点の生活A」と「田舎拠点の生活B」とがあり、
その両者が融合して
自分の行いたいライフワークをより高いレベルに発展させていくことです。
(私のライフワークは、よりよい職業教育プログラムの開発と実施です)

私は、そのいわゆる複棲生活(ちなみに“複妻”生活ではありません:笑)において
・東京生活=タフな仕事生活
・田舎生活=のんびり息抜き生活
という構図ではまったく考えていません。

私は、どちらの生活も、
よりよきライフワークの追求を中心目的として送っていきたいと思っています。
だから、東京でも仕事をして、遊びますし、
田舎でも仕事をして、遊びます。

東京で疲れれば、田舎でエネルギーを充填し、
田舎でダレてくれば、東京で刺激を受けてしゃきっとする。

そういう両者の融合具合が、
まさにガソリンと電気のハイブリッドエンジンにも似ているので
私は自分が目指すワーク&ライフスタイルを
『ハイブリッド・ライフ』と呼びたいわけです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。