「お一人様」集客のポイント

2008.06.11

営業・マーケティング

「お一人様」集客のポイント

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

現在、世帯全体の約3割を単身世帯が占めていることもあり、 「お一人様」 を対象とする市場が注目されていますよね。 結婚している人たちでも、 お互い共働きだったりすると時間がなかなか合わない。

したがって、少なくとも平日は一人で行動し、
食事も一人で取るしかない人が多いんじゃないでしょうか。
(飲み会などがある日は別として)

私のところは共働きではありませんが、
仕事を多少早めに切り上げたとしても自宅に帰り着くのは
9時、10時です。

夜遅く食べるのはあまり体に良くありませんし、
肥満の元ですから、20代の頃から6時前後にオフィスを
抜け出して外食を取る生活を続けてきています。
(外食ばかりで、どちらにせよあまり健康に良くないですが!)

男性の場合、一人でも気楽に入れるお店の選択肢が豊富ですよね。

「吉牛」(吉野家)を始めとして、
松屋、すき屋といった牛丼店、立ち食いのうどん・そば、
各種ラーメン店、カレーのココ壱番屋など、
私もこれらの店をローテーションを組んで通っています。(笑)

しかし、上記のような店には女性はほとんどいません。

一人暮らしで自炊をされる女性が多いのは、
生活費の節約もありますが、一人で気楽に入れる飲食店が
あまりないからということもあるようです。
(唯一の例外は「大戸屋」などの和食系定食屋くらいでしょうか)

さて、飲食店業界では、焼肉店や中華料理店などでも、
従来は客単価が低いため嫌っていた「お一人様」を受け入れるため
様々な取り組みを始めています。(日経MJ、2008/05/23)

吉野家のように、お一人様のためにカウンター席を
設置するのは大前提ですが、大事なのは

「お店のスタッフによるフレンドリーなサービス」

なのだそうです。

上記記事に掲載されている焼肉店、「焼肉どんどん」の場合、

「一人で焼き肉店に来店する客は、静かに食事をしたい
 というより、話し相手を求めていることが多い」

と判断しています。

そこで、初めての客には肉の焼き方をスタッフが
丁寧に教えたり、客の好みを覚えて、2回目以降の来店では、

「お客さん、カルビが好きでしたよね・・・」

といった声がけをするようにしたそうです。

この結果、上記のような人間的な触れ合いを求める
常連さんが増えてきたとのこと。

記事には書かれていませんでしたが、
常連さんの多くは女性でしょう。

男性の場合、人間的触れ合いを求める場所も
豊富ですから・・・

従来の牛丼店やファーストフード系のお店は、
スタッフとのコミュニケーションはほとんどしない
のが基本です。

だからこそお一人様でも気軽に利用できるのですが、
ただ、やっぱり客としては一人で黙々と食べるのは
ちょっと寂しいというのが本音。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。