コカ・コーラの「CBL」:消費者調査の新手法

2007.03.27

営業・マーケティング

コカ・コーラの「CBL」:消費者調査の新手法

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

米コカコーラが2004年に開発した独自の消費者調査の新手法は なかなか興味深いので、ポイントをご紹介します。 この新手法は、既に世界40カ国で実施されています。 日本のコカコーラグループでの採用は06年8月でした。 (日経MJ、2007/03/23、日経情報ストラテジー、MAY 2007) さて、 「CBL」(Consumer Beverage Landscape) と呼ばれるこの手法は、

調査時期・実施回数:年に複数回

調査規模:数千人

調査方法:インターネット調査

調査内容:1週間、1日24時間当たりに飲んだ飲料をすべて把握。
     それぞれの飲料について、飲用場所、購入場所、
     購入動機、飲用時の気分など、約百項目の質問に回答
     してもらう

分析方法:社会心理学の考え方である「コモン・モチベーショナル
     ・フレームワーク」に基づき、19のニードステーツに
     アンケートデータを振り分ける

--------------------------------------------------

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。