ワイドショーをぶっ潰せ!(後)

2008.04.11

ライフ・ソーシャル

ワイドショーをぶっ潰せ!(後)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

今のワイドショーのあり方。 以前から嫌いでしたが、久々に見て益々嫌な気持ちに。 でも、それはワイドショーそのもののせいじゃなく…。 前編の続きです。

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

整理しておきます。僕は、

「全く先入観がなく、そのワイドショーだけ見るのであれば、行政の処置が正しいと思った」

それだけです。

ワイドショーの時間中に取り上げられていた住民の発言、ほとんどが説得力に欠きます。
大きくは、

・「行政から出された結論」(=廃校の売却)に対し、その結論に達するまでに(素晴らしい公務員であろうが、めんどくさがりの公務員であろうが)どう考えても考えられているであろうことが考えられていないかのように(住民に)捉えられ、「ほんとに住民のことを考えているのか!」と主張しているにしか過ぎない点
・住民にとって良質の措置をとるための自らの負担増について触れられていない点

の2点において。

本件については、
http://www.news.janjan.jp/area/0804/0804080477/1.php
http://rinkaibu.exblog.jp/7297343/
のようなブログの記述もあるように、行政のとっている対応は本当に悪いのかもしれません。
これだけ問題視されているのですから、住民とのやり取りで、住民側の反感を買うような出来事があったことも想像できます。

もし、だとして、本当に、住民側の気持ちと、話している内容の正当性を、ブラウン管を通じて訴えるのであれば…

行政を非難する声だけ紹介するんではなく、その非難の正当性(=今行政がとっている対応は、自分が逆の立場~行政側~だったら考えられない対応であること)を含めて紹介する。

そうしないといけませんよね。

僕自身も、一度とある全国誌のインタビューを受け、記事化されたときに、

「え~っ…こんなニュアンスで話したわけじゃないんだけどなあ…」

という話し振りで紹介されたことがあります。
だから、メディア側の紹介の仕方が一方的なときもあること、良くわかります。
したがって、ワイドショーで紹介された声だけが、住民の論や声のすべて、とは思いません。

ただ、そのワイドショーで見聞した声が全く説得力がなかった、それだけなんです。
だとしたら、ちょっと考える癖がついている人は、恐らくワイドショー側の意図とは異なり、「ここの住民、何考えてるねん」としか思わないわけです。

本当に、住民側が「国民の声」として行政に歯向かっていくのであれば、簡単に“ありがちなワイドショーの内容”に流される人間を味方にするよりも、冷静な見方ができる人間を味方につけるべきなんじゃないかな、と思いますし、だからこそ、一見もっともらしいけど上滑りの意見の紹介のみにとどまるのはマズイのではないでしょうか。

次のページ「くだらないワイドショーを潰し、事実を事実として捉えら...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ワイドショーをぶっ潰せ!

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。