伝統のビジネススキルはビジネスに生かせるか? コントロールできることだけに取り組む!?

2021.05.05

組織・人材

伝統のビジネススキルはビジネスに生かせるか? コントロールできることだけに取り組む!?

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

ビジネスマンとして生産性を上げ、成果を出し続けるためのセオリーとして、「自分にコントールできない(変えることができない)ことに思い煩うことなく、できることに集中しよう」という教えは、定番中の定番のとして有名なものだろう。 そうすべきなのだろうか?

ビジネスマンとして生産性を上げ、成果を出し続けるためのセオリーとして、「自分にコントールできない(変えることができない)ことに思い煩うことなく、できることに集中しよう」という教えは、定番中の定番のとして有名なものだろう。

自分にはどうすることもできないことばかりを気にしたり、無駄な抵抗をしたり、本来自分がやるべきことを放置してしまうのではなく、自分ができることに注力しようという意味合いなのだが、ビジネスにおいて自分にふりかかる仕事には、コントールできないことが実に多い。代表的なこととして、人事異動のこと、顧客や上司の都合、仕事の依頼先のトラブル、部下やチームメンバーの病気やトラブルなどなど、仕事自体がコントールできないのではないかというほど、コントールできないことだらけだ。

そこで、感情をコントロールするためや、生産性を上げるためのポイントとして挙げられるのが、「変えることができない(コントロールできない)ことは受け入れ、変えることができる(コントロールできる)ことだけを変える行動をする」という教えだ。

実際に、組織上層部の動きや、ほかの人たちの動向やうわさなどばかりに意識がいってしまい、仕事が手につかなくなったり、イライラしたり、さらには生産性を低下させてしまってしまうことも多く、「自分でどうにもならないことばかりに時間をつかうな!」ということだ。

それはその通りで、そんなことばかりに時間を費やしてしまっては、いい仕事ができるはずもないし、現実にこんな人はホントに多い。

「コントロール外」への取り組みはチャレンジか?

しかし、この「コントロールできることに集中しよう」という教えは、曲解している人も多いのではないか。

「自分のコントロールできることだけやる」→「できないと思ったら(できないと決めているから)拒絶する」→「できることだけやる」→「できることが広がらない、むしろ狭まる」という思考~行動プロセスに陥っていると見受けられる人があまりに多い。

いまコロナ禍もあり、これだけの変化のなかにいながら、自分自身に降ってくる仕事は、むしろ「コントロールできないこと」のほうが圧倒的に多い。「こういう制限があるけどできるか?」「これまでのことはできないけど、同様の結果を得るにはどうすればいいか」など、コントロールできるかどうかなどまったくわからない、経験したこともないような仕事の依頼ばかりだ。せっかくのチャンスなのに、自分で自分の可能性を狭めてしまうのは、あまりにもったいなく、自分がコントロールできることにこだわっていたのでは、何もできなくなってしまう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。