受験不合格の青年のブログ~「過程」から学び、天晴れ!

2008.03.21

ライフ・ソーシャル

受験不合格の青年のブログ~「過程」から学び、天晴れ!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

入試で合格、不合格ー悲喜こもごものシーズンです。 結果を出すのも大切なことですが、それ以上に大切なものー 不合格だった方、まだまだ人生でリベンジ可能だ! そのためには…

◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

Z会ブログ、高校コースで、18歳の青年、K.G.U.G.Sprinterさんがブログを執筆されています。
http://www.zkaiblog.com/hi02/
ここ数日、「将来の受験生たちへ」というタイトルで、教科別学習法の執筆を続けられています。

…読みながら、涙がほろっとこぼれました。
彼、前期の東大入試、残念ながら不合格だったんですよね…

不合格だったにも関わらず、そのときの悔しさが、次なる受験生へのエールへと変わる。
その心の内は

「僕と同じ失敗をして欲しくないから」

彼のブログにコメントを寄せた返事に頂戴した言葉です。

ビジネスの世界では、結果がすべてです。
どれだけその過程で「頑張った」と主張しても、結果が出なければ何もいえないこと、本サイトをご覧の皆さんであればわかりきっていることでしょう。

そしてまた、「結果がすべて」とはいえ、結果が出た後に、結果まで至る「過程」を振り返り、反省し、次へのステップにつなげた人間こそが、全体で見たら一番大きな果実を生み出せることも。

とはいえ、大人の世界ですら、一つの結果に一喜一憂し、短絡的にそこだけを見てしまいがちなもの。。。
なのにこの青年の目は、「過程」を振り返り、次につなげようとしています。
なんと素晴らしいことではないでしょうか!

そしてまた…
自然な気持ちの中で「人様に与えよう」とする行為ができているんですよね。
打算のない、利他の心
僕自身も、彼のブログを読みながら、心が澄み渡るようでした。

実際に、「与える」という姿勢ができている人は、社会に出たら成功します。
とくに、インターネットの普及でいろいろなものがオープンに、見えるようになった社会では、打算なんてすぐに見破られます。

Takeしかできない人はもってのほか。
Take and Give の人も生きにくい。
Give and Take の人が幸せに暮らせる。
Give and Give and Given の人が成功するー

彼は、前期入試では合格という果実を得られませんでしたが、人生においてもっと大事なものを身につけ、そして内包する良心と結びつけ、すばらしい価値を社会に産み落としています。

こんな彼を見倣い、応援するー
大人も負けちゃいられないと思うー
社会全体の構成員みんな、そんな感情を抱くようになれば、Give and Give and Given の人だけが成功するのではなく、みんなが幸せに溢れつつ、そして成長する社会になるのではないでしょうか。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。