非常識な経営!

画像: photoAC_wutzkohphoto さん

2020.09.02

経営・マネジメント

非常識な経営!

野町 直弘
調達購買コンサルタント

コロナ禍の過酷な経営環境の下、ユニークな変革やドラスチックな変革を図る、いわゆる「非常識な経営」企業、3社の事例を見ていきます。

資生堂は、言うまでもなく、有名なタレントを何人も出演させているTVコマーシャルなどのマーケティング戦略で知られている企業です。このような企業がデジマ90-100%を目指すということは今までは、到底考えられませんでした。

そして、発表資料の最後は「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニーへ」-危機に打ち勝ち、構造転換の改革を進め、2023年に完全復活を目指す-という宣言でしめられています。

資生堂のような伝統的な大企業であっても、過去の成功体験や、やり方を捨て、覚悟を決めて構造改革を進めることを選択したのです。


3社に共通して言えることは、それぞれおかれた環境は異なっているものの、コロナ禍をきっかけに、ユニークな変革やドラスチックな変革を図る、いわゆる「非常識な経営」企業の事例と言えるでしょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

調達購買コンサルタント

調達購買改革コンサルタント。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルです。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。