白熱するアメリカの「お尻洗浄器」市場

画像: ダイナサーチ撮影

日本では「ウォシュレット」は「クリネックス」と同じくらいごく当たり前のものになっている。しかしアメリカでは、「お尻洗浄器=温水洗浄便座」を見ることは家庭でも公共のトイレでもごくまれだ。しかし、コロナ・ショックが引き起こしたトイレットペーパーの買いだめとそれに続く欠品が、アメリカにおける静かなる「ビデ」ブームの引き金となった。商機を掴んでいるのはいったい誰なのか?

トイレット・ペーパーの「パニック・バイ」がビデ需要急騰の引き金に
日本では、TOTOの「ウォシュレット」が1980年に発売されて以来、温水洗浄便座が日々の生活の中にすっかり定着しています。

「ウォシュレット」の前身は、なんと、TOTOが1960年代に販売を手掛けていたアメリカからの輸入品らしいのですが、そのわりには、「お尻洗浄器」はアメリカではまったくといっていいほど普及していません。

しかし、コロナ・ショックがすべてを変えてしまいました。

ロックダウン(外出禁止令)が発令される直前に、いわゆる「パニック・バイ(パニックによる買いだめ)」現象が起こり、アメリカ中の小売店舗の棚からトイレット・ペーパーが姿を消してしまったのです。

以前に比べれば状況はやや改善されたものの、ロックダウン開始から一カ月が経過した今日でも、店頭で空っぽの棚に遭遇してがっかりさせられることが多いというありさまです。

そこで、困窮したアメリカの消費者が最後の手段として買い求めているのが「ビデ」です。それも、大がかりな工事などを必要とせず簡単に装着できる簡易ビデや「携帯用ビデ」が人気です。

「コロナ特需」により潤うアメリカの温水洗浄便座/ビデ・メーカー
コロナ・ショック以前に、ネットで細々と販売していた新興ビデ・メーカーは、突然の需要の高騰に笑いが止まりません。中国の工場で作らせている製品を空輸でアメリカまで運んでいる会社もあると聞きます。

ただし、急騰した需要レベルが長期的に持続可能かというとそれはわかりません。直近の状況に目をつけ、多くの大手小売・流通業者が自社ブランドの展開をはやくも検討しているといいますし、また、中国からの安価な模造品の流入も既に始まっています。

にわかに注目が高まった「ビデ・ビジネス」について語るアメリカの記事には、当然、日本のTOTOの名前も登場しますが、残念ながら、TOTOはアメリカでは「知る人ぞ知る」のブランドであり、知名度はそれほど高くありません。しかし、アメリカのビジネス誌上で、TOTOは「ビデ・ビジネスにおけるiPhone」などとも称され、それなりのリスペクトを得ています。

TOTOのアメリカへの進出は1990年にさかのぼりますが、この「ニッチ製品」に目をつけ、アメリカのブランドであるKohler(コーラー)などが2000年代の初めに国産の温水洗浄便座の販売を開始しました。

コロナ・ショックを機に、アメリカにおいて、温水洗浄便座やビデの普及が進めば、トイレットペーパー市場の売上に大きな影響を及ぼすことになる・・・と様々な予測が立てられています。温水洗浄便座やビデが普及している他国の例によれば、これらの製品を使用する世帯では、使用後のトイレットペーパー消費量が最大7割まで減少する傾向にあるそうです。

開催終了

ウェビナー:スモール・ジャイアンツを目指せ!ーコア・バリューがつくる戦略的企業文化ー

開催日: 2020年07月07日(火)
提供会社: ダイナ・サーチ、インク
対象: 企業の経営者/リーダーの皆さま
場所: ZOOM (オンライン)
過去の参加者: 株式会社ISSUN、株式会社イベント21、共栄産業株式会社、錦城護謨株式会社、ディライト株式会...
参加費用: 一般¥12,000(税抜)/お一人 コア・バリュー経営協会会員¥10,000(税抜)/お一人
備考: *コア・バリュー経営協会 会員についての詳細はコチラ *同業者の方の受講・入場を制限させてい...

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

ダイナ・サーチ、インク代表 https://www.dyna-search.com/jp/ 一般社団法人コア・バリュー経営協会理事 https://www.corevalue.or.jp/ 南カリフォルニア大学オペレーション・リサーチ学科修士課程修了。米国企業で経験を積んだのち、1982年に日米間のビジネス・コンサルティング会社、ダイナ・サーチ(Dyna-Search, Inc.)をカリフォルニア州ロサンゼルスに設立。米優良企業の研究を通し、日本企業の革新を支援してきた。アメリカのネット通販会社ザッポスや、規模ではなく偉大さを追求する中小企業群スモール・ジャイアンツなどの研究を踏まえ、生活者主体の時代に対応する経営革新手法として「コア・バリュー経営」を提唱。2009年以来、社員も顧客もハッピーで、生産性の高い会社を目指す志の高い経営者を対象に、コンサルティング・執筆・講演・リーダーシップ教育活動を精力的に行っている。主な著書に、『コア・バリュー・リーダーシップ』(PHPエディターズ・グループ)、『アメリカで「小さいのに偉大だ!」といわれる企業のシンプルで強い戦略』(PHP研究所)、『ザッポスの奇跡 改訂版 ~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略~』(廣済堂出版)、『未来企業は共に夢を見る ―コア・バリュー経営―』(東京図書出版)などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。