ビジネスセンスを磨く  非常事態でこそ、ビジネスセンスが問われる

2019.10.31

組織・人材

ビジネスセンスを磨く  非常事態でこそ、ビジネスセンスが問われる

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

ビジネスのやり方やスタイルが問われるのは、どのようなときなのだろう。 仕事は常に順調ではない。ありとあらゆるアクシデントやトラブル、改良・改善案、変更といったことが起こる。ビジネスセンスが問われるのは、まさにこういうときだ。

センスのない人は、このような非常事態時に、あからさまな否定や頑固な態度をとってしまい、「逃げ」「無関係」な態度を取ってしまう。

それはもう見事なものだ。

非常事態時にビジネスセンスのある人とない人を比較してみよう。

【ビジネスセンスのある人が非常事態時にとる行動】

  • 担当者と一緒に責任を負おうとする(積極的にかかわる)
  • トラブルを一人称で受け止める
  • これもひとつのチャンスだと考え、成長の糧にしようとする
  • 過去を否定しない(言い訳をしない)、未来志向
  • 人の足元を見ない
  • 骨を折る(一生懸命に取り組む)
  • 責任の一環としてのリスクは被るが、成果の利益は堂々と主張する
  • 次の仕事へつなげる
  • トラブルから学ぶ

【ビジネスセンスのない人が非常事態時にとる行動】

  • 責任から逃れようとする(かかわらないようにする)
  • トラブルを第三者的に眺める
  • これは大ピンチだと考え、犯人捜しをしようとする
  • 過去の言動を掘り返す(自分は関係ない)、犯人志向
  • 弱みを利用しようとする
  • 傍観する
  • リスクを全面的に被ることで解決しようとする(利益はない)
  • 二度とかかわらないと誓う
  • トラブルを忘れる

ビジネスだけではなく、人の値打ち、器量は、いざというときに計られるのは間違いのないところだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。