10年後、温暖化による労働損失が260兆円に!環境問題と経済の関係、企業が取り組んでいること

2019.10.29

経営・マネジメント

10年後、温暖化による労働損失が260兆円に!環境問題と経済の関係、企業が取り組んでいること

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

地球温暖化はどこまで進んでしまうのか──。今夏、フランスでは過去最高の45.9度を記録し、北極圏のグリーンランドでは、わずか1日で125億トンもの氷が溶解し、その量はグリーンランドで観測史上最大といわれています。 このまま温暖化が進めば、生物多様性の損失、干ばつ、水不足による食糧問題、インフラ等の甚大な被害をはじめ、健康、暮らしへの悪影響などさまざまな問題が浮上すると考えられていますが、労働問題もそのひとつとなりそうです。 新たに発表された温暖化による労働生産性低下のニュースから、再生可能エネルギーへと舵を切り始めた経済界の取り組みをご紹介しましょう。

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

農業分野はじめ、深刻な労働損失が発生

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

今夏の日本でも暑い日が続き、熱中症対策が盛んに叫ばれましたね。熱中症には至らなかったものの、あまりの暑さによってストレスが生じ、仕事が思うようにはかどらなかった……という人も多かったのではないでしょうか。

そうした中、このまま地球温暖化が進むと仮定した場合、労働生産性低下による経済損失が2030年には世界で約2兆4000億円ドル(約260兆円)にのぼる可能性がある、と国際労働機関(ILO)が発表。
この数値をフルタイム労働に換算すると、約8000万人分の雇用に相当する生産性が失われる可能性に匹敵します。

ある試算によると、今後50年で1年ごとに新潟市レベル(2015年度の人口/約81万人)の巨大都市が消えていく「人口激減時代」に突入した日本では、約50年後に現人口1億2000万人から4000万人以上が減るともいわれていて、将来的に日本の人口は約8000万人になるともいわれているのです。つまり、将来の日本の人口に匹敵する雇用=生産性が失われることになるのです。

特にその影響・傾向は途上国で顕著であり、南アジアで5.3%、西アフリカで4.8%の生産性が失われると試算されています。中でも特に、屋外作業を行う農業部門や、建設部門、廃棄物回収、輸送や観光業での影響が深刻とされ、農業部門では世界全体で労働時間の60%を“熱ストレス”で失ってしまう可能性があると指摘されているのです。
このまま温暖化が進めば、途上国ほど農作物等にかかる損害が大きくなるといわれていますが、労働問題についても深刻な状況に置かれてしまう可能性が出てきたといえます。

2100年には、気温が4.8度上昇との予測も!

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

そもそも地球温暖化の原因とは、産業革命以来、エネルギーを生み出すために石油や石炭などの化石燃料を大量に燃やし続け、大気中に二酸化炭素などを排出し続けた結果、温室効果ガスが増大してしまったことにあるとされます。

太陽から発生する光のエネルギーは地表を温めますが、地表面から放出されたその熱(赤外線)は、また大気圏へと戻っていきます。
このとき地球をぐるりと包んでいる温室効果ガス(成分は二酸化炭素、一酸化二窒素、メタン、フロン類)が、まさに温室の囲いのような役割を果たすことになり、地球は冷えすぎず、暑すぎず、適正な温度を保つことができていました。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。