スポーツ市場の起爆剤になるか「スポーツテック」

2019.06.30

営業・マーケティング

スポーツ市場の起爆剤になるか「スポーツテック」

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

何かと「テック」をつける言葉がやたら目立つが、スポーツにも「スポーツテック」なるものが登場した。果たして「スポーツテック」はスポーツ市場を活性化できるのだろうか。

最近、何かと「テック」をつける言葉がやたら目立つが、スポーツにも「スポーツテック」なるものが登場した。

もちろん、フィンテックやエデュテック、不動産テックなどと同じように、スポーツとテクノロジーを組み合わせることで、新たな商品やサービスを生み出したり、これまでにない市場ができることを狙ってのものだ。

以前からスポーツにはテクノロジーが活用されており、腕時計型のウェラブル端末を使ってランナーやバイカーは走った記録だけではなく、自分自身の身体の状態をも同時に管理できるようになっているし、ゴルフではスコア管理だけではなく、GPSを使って残り距離の測定などにも活用されている。プロスポーツのコーチや監督がiPadを携えて、選手に指示を出す光景は頻繁にある。これらはほんの一端で、もはやテクノロジーを使わないスポーツを見つけるのが難しいほどだろう。

スポーツシューズを中心に市場は拡大

スポーツ産業の活性化に向けて政府が発表した「日本再興戦略2016」によれば、スポーツビジネスは、日本を再興するための柱のひとつであり、2025年には、市場の規模を25兆円に拡大したいとしている。現在の規模からすれば途方もない数字に見えるが、この市場規模を実現するためには、まさにスポーツ業界にもイノベーションが必要となる。そしてこのイノベーションに一役買いそうなのが「スポーツテック」だ。

スポーツテックと言えば、スポーツ自体がテクノロジーの塊なのが「eスポーツ」と呼ばれるこれまでになかったスポーツジャンルの登場だ。これをスポーツと呼ぶかどうかは、さまざまな意見があるが、新たな市場を生み出しているのは間違いない。

矢野経済研究所が発表した2018年のスポーツ用品国内出荷金額は、前年比104%と一見好調に見えるが、サッカーやバレーボールなどの古くからあるチームスポーツ系は軒並み前年割れで、けん引しているのは、スポーツシューズだ。

確かに、通勤の様子を見るとスポーツシューズを身に着けた女性が目立つ。ファッションの要素も多分にあり、スポーツ市場とみなすかどうかは意見の分かれるところであるが、スポーツ市場全体としては伸びている。

そのような中、バンダイがスポーツテックへの取り組みを始めたという。その商品とは小学生向けスポーツシューズ「UNLIMITIV」。「楽しんだヤツが、いちばん速い。」をコンセプトに、子どもたちが、楽しみながら走った記録や運動量を管理することができる。子ども向けの商品らしく、ゲームの機能も忘れていない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。