ソーシャルレンディングを始めるなら覚えておきたいメザニンローン。〈徹底解説2〉

2019.06.27

ライフ・ソーシャル

ソーシャルレンディングを始めるなら覚えておきたいメザニンローン。〈徹底解説2〉

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

前回、「ソーシャルレンディングを始めるなら、知って損はないメザニンローン。〈徹底解説1〉」でお伝えしたように、ソーシャルレンディングによる個人投資が増えています。 ソーシャルレンディングで活用されているメザニンローンは、ミドルリスク・ミドルリターンと言われ、個人投資家にも相対的に受け入れやすい部分も多く、いまの時代に合った新たな投資手法と言えるでしょう。 そこで今回は、前回のおさらいを含めて、メザニンローンの魅力を〈徹底解説2〉でご紹介していきましょう。

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp


小口で大型投資案件に融資できる

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ソーシャルレンディングというサービスが発祥したのは、2005年のイギリスになります。
企業などにお金を融資するのは銀行などの金融機関という考え方がごく一般的でしたが、フィンテックの登場により、インターネット上で個人投資家が集まって大きなお金を作り、それを企業などの事業主(借り手)に融資するという新手法が誕生しました。これがソーシャルレンディングと言われるものです。

ソーシャルレンディングとは、ソーシャルレンディング事業者が、ファンドの募集を行って投資家から出資を募り、集めた出資金を企業などに貸し付ける仕組みのこと。
融資型クラウドファンディングとも言われていますが、そのメリットは個人である投資家がこの仕組みにより、たとえば数十億円規模の大きな投資案件であっても小口で融資※することができ、その運用による収益の分配金が期待できる点にあります。
(※最低投資金額は1万円からが多く見られます)

相対的に高利回りながら、リスクは考えておくべき

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

このソーシャルレンディングによる資金調達で活用されるのが「メザニンローン」と言われるものです。
従来型の銀行など金融機関からの融資はシニアローンと言われますが、このシニアローンの特徴は審査が厳しく、時間がかかる点にあります。

しかし、メザニンローンを利用すれば、シニアローンに比べて融資の審査がゆるやかで、相対的に資金を早く集めることができることに。つまり、投資効率を上げることができたり、タイミングを逃さず投資案件に着手できるメリットがあることになります。

もちろん、メザニンローンの貸し手(投資家)から見ると相対的にリスクは高くなりますが、メリットとしては金利はシニアローンより高く、相対的に高利回りになることがあげられます。
ただし「ソーシャルレンディングを始めるなら、知って損はないメザニンローン。〈徹底解説1〉」でもお伝えした通り、投資であるからには、さまざまなリスクを事前に把握しておくことは必須となります。

また、メザニンローンの場合は元本保証がなく、デフォルトが発生した場合の抵当権の優先順位はシニアローンにあるため、不動産などの担保の有無、さらに不動産担保評価額(売却時の金額)などは必ず確認することが求められます。
加えて、ファンドを扱うソーシャルレンディング事業者の過去の実績や、リスク管理における方法、コンプライアンス体制など、信頼性に関わる点も、必ず確認しておくべきポイントとなります。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。