シニア世代の求人は本当に好調か

2019.06.22

組織・人材

シニア世代の求人は本当に好調か

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

​今、シニア世代の求人が好調だという。40歳代、50歳代のビジネスパーソンの転職市場も活況を示しているらしい。老後の資金不足と関係はあるのか。

今、シニア世代の求人が好調だという。

かつて、転職市場では、35歳がひとつの目安とまで言われたものだが、40歳代、50歳代のビジネスパーソンの転職市場も活況を示しているらしい。

確かに多くの業種で人手不足が深刻な問題となっており、シニアといえども働き手がいるのであれば、何がなんでもほしい企業はたくさんあるだろう。

しかも、現在の60歳代はすこぶる元気であり、労働力としても40歳代、50歳代と比較してもほとんどひけをとらない。

しかし一方では、60歳のいったんの定年を迎え、再雇用制度で同じ職場で働くと、給与はよくて半分、ひどい場合は2割~3割などという話も聞く。それでも受け入れざるを得ない状況にあるのも現実だ。

この状況は、65歳を超えるとさらに厳しくなる。国も、70歳まで働けるような制度改革を進めているものの、実際に働くことができている人たちは、半数にも満たないことが、総務省のデータからも見てとれる。

また仕事があるといっても、飲食サービスや小売りにおいて、若者が採用できないための代わりの人材を採用したがっているだけだという意見もある。

老後のお金が足りない

2000万円の不足問題が大きくクローズアップされるなか、せめて70歳までは働かなければ老後の暮らしは破綻してしまうと感じた人も少ないないだろうし、実際に多くの人が、働きたいと願っている。

多くの人が常識として思っていたことではあったものの、国に紐づくワーキンググループによって出されたレポートだっただけに、国民に突き付けられたかたちになった。

これからはさらに年金の減額や支給開始年齢の引き上げなどの問題をあるといわれ、不足する金額は2000万どころか3000万、4000万という計算結果もあるほどだ。

プルデンシャルジブラルタファイナンシャル(PGF)生命保険が発表した調査結果によれば、2019年に60歳になる人に貯蓄額を聞いたところ、「100万円未満」が24.7%。「100万円~300万円未満」が(11.3%)、「500万円~1000万円未満」は(11.1%)だったという。半数以上の人が、年金では足りないのだ。

一方、「1億円以上」(8.1%)、「5000万円~1億円未満」(6.9%)とあり、かなりの格差となっている。さらに「貯金なし」も「1億円以上」もともに増加しているのだ。明らかに格差が拡大しており、お金は集まるところにより集まることを証明したかのようだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。