ハイブランドから個性派まで。開業ラッシュに沸く銀座のホテル事情

2019.05.23

ライフ・ソーシャル

ハイブランドから個性派まで。開業ラッシュに沸く銀座のホテル事情

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

国内外の高級ブランドや老舗店が軒を連ねる東京・銀座で、いまホテルの開業ラッシュが続いている。 ここ近年、国内では訪日観光客の急増にともない、格安なビジネスホテル・ゲストハウスなどの宿泊施設が増え、民泊の普及に向けた規制緩和も進められてきた。ただ今回、銀座に顔をそろえるのは、滞在そのものを満喫できる新形態のホテルや、価格帯の高いハイブランドが多く、それぞれに異なる個性や価値観を打ち出したコンセプトメイクを特徴としている。 では、どのようなスタイルのホテルが銀座に誕生しているのだろうか……。その特徴やコンセプトとともに、激戦化する銀座ホテル競争の背景にフォーカスする。

国内外の大手ハイブランドホテルが続々と進出

まずは、銀座エリアに最近オープンした(オープン予定)大手ブランドのホテルを見ていこう。

【ホテル ザ セレスティン銀座/2017年10月開業】
銀座8丁目の旧日航ホテル銀座の跡地にオープンした、三井不動産が運営する宿泊特化型の新ブランドホテル。コンセプトは「銀座を楽しむ大人が、自然と心を許せる居場所」。客室数は104室、宿泊料金は一泊3万円台が中心。

【ハイアット セントリック 銀座東京/2018年1月開業】
銀座6丁目の東京銀座朝日ビルディングの上層階(3~12階)にオープンした、ハイアット系の新ブランドホテル。コンセプトは「銀座の魅力を体感できる空間」。ホテルの運営は、ホテルエリアを賃貸するオリックス不動産がハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツに委託。客室数は164室、宿泊料金は一泊4万円台が中心。30~40代をメインに、幅広い世代の旅行者をターゲットとしている。

【ザ・スクエアホテル銀座/2018年11月開業】
東京建物が手がける都市型ホテルとして銀座2丁目にオープン。コンセプトは「人と街がつながるスクエア」。米企業再生ファンド・ローンスターの子会社で、外資系企業としては最多のホテルを保有するソラーレ ホテルズアンドリゾーツが運営する。客室数は182室、宿泊料金は一泊2万~3万円台が中心。

【東京エディション銀座/2020年開業予定】
大手不動産デベロッパーの森トラストは、2020年春に高級ライフスタイルホテル「東京エディション銀座」を銀座2丁目にオープンする。ライフスタイルホテルとは、デザイン性の高い空間と宿泊以外の付加価値をテーマに、オリジナリティのあるステイを提案する新しい感覚のホテルだ。
同ホテルのデザイナーには、新国立競技場を設計した建築家の隈研吾氏を起用。ホテルの運営は、大手ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルに委託する。「エディション」はマリオット系の最上級クラスとなるラグジュアリーな新ブランドで、宿泊料金は一泊8万~10万円(未定)の水準になると見られている。

【ACホテル・バイ・マリオット東京銀座/2020年開業予定】
東武鉄道とマリオット・インターナショナルは、2020年夏に「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」を銀座6丁目にオープンする。運営は東武ホテルマネジメントが担当。マリオットの「ACホテル」は、アジア初進出となるアッパーミドルクラスのライフスタイルホテルで、若者を中心としたビジネス・レジャーユースの旅行者をターゲットにしている。

次のページ独自のコンセプトを打ち出す個性派ホテルも

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。